ホーム > 観光・文化・スポーツ > オリンピック・パラリンピックに向けた福島市の取り組み > イベント情報 > 「第29回世界少年野球大会福島大会」が開催されました!

ここから本文です。

更新日:2019年9月26日

「第29回世界少年野球大会福島大会」が開催されました!

世界各国で開催している世界少年野球大会が、今年は東京2020大会野球・ソフトボール競技の開催地・福島市で開催されました。

世界少年野球大会とは

世界少年野球大会は、日米のホームランキング王貞治、ハンク・アーロンの両氏が、正しい野球を全世界に普及・発展させるとともに、世界の子供たちの友情と親善の輪を広げようとの趣旨で、1990年に第1回大会をアメリカ・ロサンゼルス市で開催して以来、毎年夏に開催しています。

第29回目の今大会は、2020年に東京2020オリンピックで野球・ソフトボールの競技開催地となる福島市にて、世界14か国・地域から少年少女135名を招待し、7月30日(火曜日)から8月7日(水曜日)までの9日間開催されました。
野球教室には日本を含む13か国から120名が参加しました。また、中華台北からの招待チーム15名が福島県の地元チームと国際交流試合を行いました。

参加者全員の集合写真

開会式

王貞治さんに向けて、子供たちの代表である日本・アメリカ・スイスの3名が宣誓をし、大会を開会しました。

王貞治さんに宣誓する子供たち

始球式

交流試合初日の8月1日には、十六沼公園スポーツ広場にて始球式を行いました。
主審・福島市長の「プレイボール!」の合図により、投手・福島県知事が打者・王貞治さんに向けてボールを投げました。                                                                                                                                                   

ピッチャー福島県知事 バッター王貞治さん、審判の福島市長

交流試合

中華台北からの招待チームと地元6チームが対戦しました。

  • とき/ところ
    8月1日(木曜日) 午後2時/十六沼公園 スポーツ広場(福島市大笹生字俎板山341)
    8月2日(金曜日)から6日(火曜日)まで 午前9時30分/あづま総合運動公園 軟式野球場(福島市佐原字神事場1番地)

交流試合1 交流試合4  交流試合3 交流試合2

野球教室

13カ国の少年少女120名が世界野球ソフトボール連盟(WBSC)より派遣されたコーチから、野球の基本を学びました。

  • とき
    8月1日(木曜日) 午後1時30分から3時30分まで
    8月2日(金曜日)から6日(火曜日)まで 午前9時から正午まで
  • ところ
    あづま総合運動公園 第2多目的広場・スポーツイベント広場
    (福島市佐原字神事場1番地)

野球教室1 野球教室2 野球教室3

体験交流

友情と親善の輪を広げるため、子どもたちはさまざまな体験を通して交流を深めました。

  • タグラグビースポーツ交流 (あづま総合体育館)

タグラグビー1

  • 土湯こけし絵付け体験(四季の里工芸館)

こけし絵付け体験1 こけし絵付け体験2

  • 桃の収穫体験

桃の収穫1 桃の収穫2

  • 福島わらじ祭り見学(国道13号・信夫通り)

わらじ祭り見学1 わらじ祭り見学2

  • じょーもぴあ宮畑見学(じょーもぴあ宮畑)

 じょーもぴあ宮畑火おこし体験 じょーもぴあ宮畑弓矢体験

  • 浴衣着付け体験、写仏体験(こむこむ館)

浴衣着付け体験 写仏体験

 記念植樹

第29回世界少年野球大会福島大会組織委員会顧問の福島県知事(写真左)、福島市長(写真右)、会長の王貞治さん(写真中央)が、あづま総合運動公園で大会を記念して植樹を行いました。

記念植樹を行う県知事(左)、王貞治さん(中央)、市長(右)

閉会式

王貞治さんより子どもたちへ修了証を授与し、第29回大会を閉会しました。
また、子供たちからメッセージボードが贈られ、福島市に贈られたメッセージボードは福島市役所1階ロビーに飾っています。

子供たちからのメッセージボード 

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-5660

ファックス:024-563-7286

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?