ホーム > 震災関連・防災・安全 > 防犯 > 指定区域での風俗関連の客引き行為などは禁止されています

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

指定区域での風俗関連の客引き行為などは禁止されています

客引き行為等の防止に関する条例

平成23年4月1日から、市内の繁華街において、風俗関連の強引な客引きなどを禁止する「客引き行為等の防止に関する条例」が施行されています。

どのような営業のどんなことを禁止するの?

客引きなどが規制される営業と、禁止される行為は次のとおりです。

 

対象となる営業

禁止行為

例1

クラブ、キャバクラ、ホストクラブなど
【客の談笑の相手になったり、カラオケやゲームなどでもてなして飲食させる営業】
  • 客引き
  • 誘引(下着や身体に接触する卑猥な営業の場合に限る)
  • 客待ち

例2

ファッションヘルスなど
【人の性的好奇心をそそる行為を提供する営業】

例3

風俗案内
【例1、例2の営業に関する情報を、利用者の求めに応じて提供する。(有償・無償を問わない)】
  • 客引き
  • 誘引
  • 客待ち
  • ※例1、例2ともに、そのような営業だと見せかけている場合も対象になります。
  • ※例1から例3以外の営業(居酒屋など)のビラ配りなどは本条例の規制の対象になりません。(ただし、悪質な場合については、「県迷惑行為等防止条例」など他法令の規制対象となることがあります。)

客引き1

禁止するのはどんな場所?

下記禁止区域の公共の場所など(道路や広場、駐車場など一般のかたが通行・出入りできる場所)です。

客引き禁止区域

誰にどのような罰則が違反すると科せられるの?

条例に違反した場合、次のような罰則が科せられます。

 

対象

罰則

(1) 客引きまたは誘引をおこなった者 3月以下の懲役または20万円以下の罰金
(2) 客引きまたは誘引を常習的におこなった者 6月以下の懲役または50万円以下の罰金
(3) 客引きまたは誘引をおこなった者の雇用主など 20万円以下(常習的におこなった場合50万円以下)の罰金

用語解説

  • 客引き/相手を特定して、客や利用者となるように誘うこと
  • 誘引/通行人など不特定の人に、ビラなどを見せたり配ったりして、客や利用者となるように誘うこと
  • 客待ち/客引きや誘引の相手を待つこと

客引き2

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部生活課安全安心係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3787

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?