ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリック・コメント制度 > パブリックコメント実施状況 > 「福島市公共施設における受動喫煙防止対策方針」の策定を進めています

ここから本文です。

更新日:2020年2月7日

「福島市公共施設における受動喫煙防止対策方針」の策定を進めています

パブリック・コメントの受付を終了し、方針の策定を進めています。

方針策定の目的

 平成30年7月25日公布の健康増進法の一部を改正する法律(以下「改正健康増進法」という。)に基づき、誰もが快適に過ごせる施設環境整備を促進するとともに、市民等の健康保持増進及び健康寿命の延伸を目指すため、福島市の公共施設における受動喫煙防止対策方針を定めることを目的とします。

方針策定の背景

 改正健康増進法において、国及び地方公共団体は、望まない受動喫煙を防止するための措置を推進する努力義務が課せられ、また、多数の者が利用する施設等についてその種類に応じて、一定の場所以外での喫煙が禁止されたものです。これらのことを受け、福島市の公共施設において、その対策を講じるため方針を定めるものです。

根拠法令、上位方針の概要

改正健康増進法

方針の実施時期

令和2年4月1日から

方針の構成

  1. 目的
  2. 方針策定の考え方
  3. 対象となる施設
  4. 対象となる公共施設と受動喫煙防止対策
  5. 実施時期

方針策定のポイント

【策定の考え方】

1.健康増進法の規定により区分される施設の類型、場所ごとに受動喫煙防止の対策を講じます。
2.市のこれまでの取り組みを踏まえるとともに、子どもなど、20歳未満の者が主として利用することを目的としている施設については対策を強化します。

【対象となる施設と受動喫煙防止対策】

1.第1種施設(子どもや患者に配慮が必要な施設、行政機関等)
 敷地内禁煙(特定屋外喫煙場所を設置しない)
2.第2種施設(第1種施設以外)
 建物部分:屋内禁煙
 屋外部分:原則敷地内禁煙(除外施設については十分な受動喫煙防止対策を講じたうえで喫煙場所を設置する)
3.その他の施設(屋外施設)
 遊具のある施設・周囲に子どもがいる場合:敷地内禁煙
 その他:喫煙を行う場合は周囲の状況に配慮

方針の実現に伴う効果、市民生活への影響など

 本方針を策定し、実施することで本市の公共施設における受動喫煙防止対策を推進するとともに、望まない受動喫煙を防止し、誰もが快適に過ごせる施設環境を整備します。

「福島市公共施設における受動喫煙防止対策方針(原案)」について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部政策調整課総合計画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3788

ファックス:024-536-9828

総務部職員厚生課厚生係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-5052

ファックス:024-535-1260

方針の内容に関するお問い合わせは、
総務部 職員厚生課 までお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?