ここから本文です。

更新日:2019年7月1日

霞町地区暮らし・にぎわい再生事業

概要

本地区は、旧市内の北側、信夫山の麓に位置し、周辺には学校や市民会館、文化センターなどが立ち並ぶ文教地区であり、市内の国道4号及び13号を結ぶ幹線道路に面している場所です。
旧福島体育館は、昭和39年建築で築50年以上と施設全体の老朽化が進み、東日本大震災の被害により、施設の一部で利用制限があり、地域住民の利用に影響が出ている状態でした。利用者の健康増進及び、スポーツを通じての地域コミュニケーションの場としての、また有事の際の避難所及び防災の拠点として、早急な建替えが急務であったことから事業に着手しました。

霞町地区

 霞町地区(竣工)

計画内容

事業名 霞町地区暮らし・にぎわい再生事業
タイプ 都市機能まちなか立地支援
事業年度

平成27年度~平成30年度

施行区域 霞町の一部
事業施行者 福島市
建物名称 福島市体育館・武道場
総事業費 約37億円
施行区域面積

約1.2ヘクタール

建築敷地面積 約10,490平方メートル
建築面積 約4,934平方メートル
延べ面積

約7,507平方メートル 

建ぺい率 約47パーセント
容積率 約71パーセント
建築構造

地上2階(鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造)

主要用途 体育館、研修室、会議室、談話室、駐車場等

事業経過

福島市中心市街地活性化基本計画認定 平成27年3月
着工 平成28年12月
竣工 平成30年10月

このページに関するお問い合わせ先

都市政策部市街地整備課再開発係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3763

ファックス:024-533-0026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?