ホーム > くらし・手続き > 税金 > 市民税等 > 個人市民税・県民税 > 申告と納税の方法 > 年金受給者の個人市民税・県民税の申告

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

年金受給者の個人市民税・県民税の申告

年金の受給額が400万円以下で確定申告が不要な場合であっても、市・県民税の申告が必要な場合があります。

次のかたは申告が必要になります

  • (1)公的年金のほかに、個人年金・給与・営業・農業・不動産などの収入のあるかた
  • (2)源泉徴収票に記載されている以外の、社会保険料控除・生命保険料控除・地震保険料控除・医療費控除などの所得控除を受けるかた

所得から差し引くことができる控除(所得控除)について

所得控除のうち、

  • 社会保険料控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(寡夫)控除

は、「公的年金等受給者の扶養親族等申告書」を年金支払者に提出することにより控除が適用になります。

上記以外の控除を受ける場合は、必要な書類をそろえて申告をする必要があります。

(例)

  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除

など。

このページに関するお問い合わせ先

財務部市民税課市民税第三係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3712

ファックス:024-528-2480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?