ホーム > くらし・手続き > 税金 > 市民税等 > 個人市民税・県民税 > 申告と納税の方法 > 東京電力(株)から支払いを受ける営業損害(将来分)に対する賠償金の所得税法上の取扱い等

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

東京電力(株)から支払いを受ける営業損害(将来分)に対する賠償金の所得税法上の取扱い等

東京電力株式会社から支払いを受ける営業損害(将来分)に対する賠償金の所得税法上の取扱い等について

避難指示等により業務に従事することができなかったことやいわゆる風評被害などによる減収分に対して支払いを受ける賠償金は、事業所得等の収入金額になります。

新たな営業損害賠償として一括で支払いを受ける営業損害(将来分)に対する賠償金(注1)については、一定の事実が生じた場合には精算することが予定されているため、その精算の対象期間(5年=60月)中の時の経過に応じ、精算の対象期間中の各年分の収入(注2)として事業所得等の収入金額に算入します。なお、中小法人の収益計上時期についても同じです。

  • 注1 平成27年3月(避難指示区域外では平成27年8月)以降、将来にわたる損害に対して、減収率100%の年間逸失利益の2倍(避難指示区域外では直近の減収にもとづく年間逸失利益の2倍)が一括して支払われることとされています。
  • 注2 毎月、賠償金の額の60分の1相当額を60か月にわたり事業所得等の総収入金額に算入することになります。

詳しい内容については、「税務署からのお知らせ」をご覧いただくか、福島税務署(電話:024-534-3121自動音声により2を選択)へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

財務部市民税課市民税第三係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3712

ファックス:024-528-2480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?