ホーム > くらし・手続き > 税金 > 償却資産 > 福島市内に太陽光発電システムを設置されたかたへ

ここから本文です。

更新日:2017年9月19日

福島市内に太陽光発電システムを設置されたかたへ

太陽光発電システムは固定資産税(償却資産)の課税対象になる場合があります

会社や個人で工場・事務所・店舗・アパート・駐車場などを経営されるかたは事業のために使用している構築物・機械・器具及び備品などの償却資産を市へ申告しなければなりません。

この償却資産には売電事業用の機械として、太陽光発電システムも含まれる場合があります。

対象となる太陽光発電システムとは

発電量や設置者、設置方法によって申告の対象となる場合とならない場合があります。

(1)償却資産として申告が必要となる太陽光発電システムについて(設置者・発電量別の区分)

申告の対象となる=○

申告の対象とならない=×

設置者

10kw以上の太陽光発電システム(余剰売電・全量売電)

10kw未満の太陽光発電システム(余剰売電)

個人

(住宅用)

【○】家屋の屋根などに太陽光発電システムを設置して発電量の全量または余剰を売電される場合は、売電するための事業用資産となり、償却資産として課税の対象となります。

【×】事業用資産とはなりません。償却資産としては課税の対象外です。申告は必要ありません。

個人

(個人事業主)

【○】個人であっても事業の用に使用している資産は、発電出力量や全量売電か余剰売電かにかかわらず償却資産として課税の対象となります。

法人

【○】事業の用に使用している資産になるため、発電出力量や電量売電か余剰売電にかかわらず償却資産として課税の対象となります。

 

(2)太陽光発電システムの評価の区分について

太陽光パネルの設置方法

太陽光パネル

架台

接続ユニット パワーコンディショナー 表示ユニット 電力量計など
家屋に一体の建材(屋根材等)として設置 家屋 家屋 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産
架台に乗せて屋根に設置 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産
家屋以外の場所(地上や家屋の要件を満たしていない構築物等)に設置 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産 償却資産

屋根材一体型の場合は、固定資産税の家屋として課税されますので、申告は必要ありません。
架台に乗せて設置または地上などに設置した場合は、償却資産の申告が必要です。

【チラシ】太陽光発電システムには固定資産税がかかる?(PDF:253KB)にも同じ内容を掲載しています。

設置した太陽光発電システムが申告の対象である場合

設置された翌年度から償却資産申告が必要になります。

(例)平成29年11月に設置した場合、平成30年度分から申告が必要です。(締め切りは平成30年1月31日)

設置した日とは、電力の受給が開始された日です。電力会社が発行する受給契約確認書などの書類をご確認ください。

申告の対象となるかたは、太陽光発電システムを設置した旨を資産税課(電話番号:024-525-3730)へご連絡をいただくようお願いします。

ご連絡の際は、以下の5点をお伝えください。

  • 設置者の氏名(法人名)
  • 設置者の住民票上の住所(法人の場合は所在地)
  • お電話番号
  • 電力の受給が開始された月(平成○○年○月)
  • 用途および発電量(自宅の屋根に10kwのソーラーパネルを設置した。など)

償却資産申告書の記入方法など詳しくは償却資産申告について償却資産に関するQ&Aにてご確認ください。

太陽光発電システムの取得価額とは

太陽光発電の取得価額には次のようなものが含まれます。工事請負契約書などをご確認ください。

  • 太陽光パネル
  • 設置用の架台
  • 接続ユニット
  • パワーコンディショナー
  • 表示ユニット
  • 電力量計
  • 配送費(輸送費)
  • 取り付け工事費

申請の代行費などの手数料は取得価額に含めません。

地上に設置した場合は土地の造成費や囲いフェンス、防犯カメラなどのセキュリティシステムも申告の対象となります。

太陽光発電システムの耐用年数とは

減価償却資産の耐用年数等に関する省令で「17年」と定められています。

(別表第二「31電気業用設備→その他の設備→主として金属製のもの」)

その他注意事項

  • 補助金を受けて設置した場合の取得価額は、補助金を受ける前の金額(元の価額)になります。
  • 税務署への申告(所得税、法人税)で即時償却などの処理をしていても、固定資産税には適用されません。償却資産申告は必要になり固定資産税の課税対象となります。
  • 過年度の申告漏れがあった場合は、5年まで遡って課税となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

財務部資産税課償却資産係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3730

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?