ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

平成30年7月の市長の動き

7月30日(月曜日)

「福島おおざそうインター工業団地」造成工事 安全祈願祭

鍬入れを行う市長 発注者挨拶をする市長

 「福島おおざそうインター工業団地」の造成工事着手に先立ち、無事故を願う安全祈願祭を執り行いました。20カ月間という長い工事になりますが、周辺環境への配慮と安全を第一に工事を進めていきます。

(午前11時 福島おおざそうインター工業団地造成地)

7月27日(金曜日)

第49回クレーン運転及び玉掛け技能競技全国大会優勝報告

東開工業株式会社の皆さんと市長 
 東開工業株式会社の皆さんが、クレーン運転および玉掛け技能競技全国大会で優勝しました。貴社の高い技術をこうして示されたのはとても喜ばしいことです。次回もよい報告を期待しています。
(午前10時 市役所応接室)

東北水防技術競技大会結果報告

消防団第三方面隊の皆さんと市長
 市消防団第三方面隊が東北水防技術競技大会での2位入賞を果たしました。今後も水防の技術を磨き、自らの安全も守りながら、市民の安全を守るために活躍されることを期待しています。
(午前10時15分 市役所第一応接室)

7月24日(火曜日)

荒川区役所表敬訪問(福島市トップセールス)

荒川区長に桃を贈呈する市長とミスピーチ  東京荒川西ライオンズクラブ様の即売会でPRする市長
 本市と友好都市協定を締結している東京都荒川区を表敬訪問し、本市産のモモをPRしてきました。
 また、東京荒川西ライオンズクラブ様が福島復興支援のため震災以降毎年開催してくださっている福島市産桃の即売会でも、本市産のモモの魅力を発信してきました。
(午前10時30分 東京都荒川区)

7月23日(月曜日)、7月24日(火曜日)

福島市トップセールス「モモPR」

 大田市場でモモの試食を勧める市長 淀橋市場でふくしまのくだものをPRする市長
 東京都中央卸売市場2施設「大田市場」「淀橋市場」や川崎市でJAふくしま未来やミスピーチキャンペーンクルーとともに本市産モモをPRしてきました。今後も“くだもの王国ふくしま”の魅力と実力をしっかりと全国に発信していきます。
(午前6時30分 東京都「大田市場」「淀橋市場」)

7月22日(日曜日)

平成30年7月豪雨災害被災地への復旧応援職員派遣出発式

出発する復旧応援職員を激励する市長 倉敷市より要請のあった支援物資を積んだ車両

 本市では、中核市の災害相互応援協定に基づき、「平成30年7月豪雨」による被災地(岡山県倉敷市)に復旧応援職員を派遣することになりました。今後、8月31日まで計16人の職員を派遣し、1日も早い復興復旧のための支援活動をしてまいります。
(午前7時 福島市役所1階正面玄関)

7月12日(木曜日)

第40回福島市高齢者スポーツ記念大会

高齢者スポーツ大会開会式での市長挨拶 高齢者スポーツ大会での選手宣誓の様子

高齢者の皆さんが一堂に会し、スポーツを通じて交流と親睦を深め、健康増進と福祉向上のため、昭和53年にスタートして以来、記念すべき40回目の開催となりました。これからもスポーツや地域活動に積極的にご参加いただき、災害などの時には自らを守る「健康で動ける身体」づくりに取り組んでください。
(午前9時20分 国体記念体育館)

7月11日(水曜日)

ニガウリ贈呈式

市長にニガウリを贈呈するJAふくしま未来福島地区そさい専門部会ニガウリ班の皆さま
 JAふくしま未来福島地区そさい専門部会にがうり班様より出荷期を迎え収穫されたニガウリをいただきました。今後、ニガウリのPRのため、市役所9階食堂で期間限定の特別メニューを提供する予定です。
(午前9時30分 市長応接室)

市下水道等事業運営審議会から答申をいただきました

市長と委員の皆さま

 平成28年10月に設置した市下水道等事業運営審議会から、諮問していた「下水道事業(下水道及び農業集落排水事業)の使用料のあり方について」の審議の結果を、初めて答申いただきました。いただいた内容について真摯に取り組み、しっかりと経営努力をしてまいります。
(午前11時30分 市役所庁議室)

協同組合福島消防設備点検センター様からの寄付金寄贈式

木幡市長と協同組合福島消防設備点検センター関係者様方

 協同組合福島消防設備点検センター様から、福島市のふるさと寄付金「ふるさと・ふくしまっ子の夢」を寄贈いただきました。
いただきました寄付金は、教育など子どもたちのために活用させていただきます。
(午前10時50分 第一応接室)

福島市とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社との地方創生に関する包括連携協定締結式

 

 協定書にサインする木幡市長木幡市長とあいおいニッセイ同和損害保険会社関係者様方

 福島市とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社様で、地方創生に関する包括連携協定※を締結しました。
 本協定のメニューである暮らしの安全安心、防災、スポーツの振興などのセミナー・研修を通じて、リスクマネジメントの意識とオリンピックムードの向上を図っていきます。
※包括連携協定…自治体と企業などが協力して社会課題の解決に取り組む協定
(午前10時30分 市長応接室)

7月8日(日曜日)

ふくしま児童公園SFCももりんパーク利用者数100万人達成セレモニー

くす玉を割るふみあくんと木幡市長

 ふくしま児童公園SFCももりんパークの累計利用者数が100万人を達成し、記念セレモニーを開催しました。
100万人目の「あらい ふみあ くん」に、100万人達成認定証と記念品を贈呈しました。
ネーミングライツパートナーのエスエフシー株式会社様と今後も協力して、ますます皆さんに愛されるように努めてまいります。
(午前10時 ふくしま児童公園SFCももりんパーク)

7月6日(金曜日)

サン・チャイルド寄贈式 

感謝状を手渡す市長と一般社団法人ふくしま未来研究会様サンチャイルド設置予想図

 東日本大震災を受け、再生・復興に向けて立ち上がる人々へ夢と勇気を贈り続ける希望のモニュメントとして、現代美術作家ヤノベケンジ様が製作された「サン・チャイルド」を一般財団法人ふくしま未来研究会様より寄贈いただきました。
 寄贈いただいたモニュメントは多くの子どもたちに見ていただくため、こむこむに設置します(左写真が設置予想図)。
(午前9時40分 市長応接室)

7月4日(水曜日)

福島市子ども議会

子ども議会の様子
 「福島市子ども議会」が開催され、市内51小学校の代表児童が議会の模擬体験をしました。参加した子どもたちには、自分の住むまちのことを考える良いきっかけになったと思います。また、自分の考えを述べたり、他人の考えを聞いたりする良い経験になり、今後に生かしてもらいたいと思います。
(午前10時 議場)

7月2日(月曜日)

第2回全国桃サミット

 桃サミットでの市長挨拶の様子

 全国の桃産地が集う全国桃サミットを、東日本大震災と原子力災害からの復興・創生に取り組む本市で開催いただき、遠方から多数ご参加いただきましたことに、これまでいただいた多くのご支援と併せ改めて感謝いたします。今回のサミットを機に風評を払拭し、県北地域の安全でおいしい桃をますます全国にPRしてまいります。
(午後2時 ザ・セレクトン福島)

7月1日(日曜日)

阿武隈川クリーンアップ作戦

クリーンアップ作戦で挨拶をする市長 参加者と一緒にごみを拾う市長
  7月は河川愛護月間です。このクリーンアップ作戦を通じて、河川環境の保全や愛護意識の向上を図っていただきたいと思います。たいへん暑い中でしたが、作業にご参加いただきありがとうございました。
(午前6時20分 阿武隈川右岸大仏橋上流河川敷)

平成30年度福島県消防協会福島支部消防検閲式

 検閲を行う市長 日頃の感謝と激励を述べる市長

 検閲を実施したところ、参加各隊は規律厳正にして消防車両は整備が行き届き、結果は極めて良好でありました。消防団並びに女性防火クラブの皆さまには、今後とも「災害に強く、安全に、安心して暮らせるまちづくり」のため、その持てる規律と技術をより一層精進されますよう期待いたします。
(午前9時15分 福島市公設地方卸売市場)
 

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部市長室秘書課

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3702

ファックス:024-534-4545

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?