ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 公設地方卸売市場 > 公設地方卸売市場への転換及び指定管理者制度を導入しました。

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

公設地方卸売市場への転換及び指定管理者制度を導入しました。

平成26年4月1日より公設地方卸売市場へ転換及び指定管理制度を導入しました

福島市公設地方卸売市場は、昭和47年11月に福島市中央卸売市場として開場して以来、本市の基幹産業のひとつである農業の農産物の出荷先として、生産者の経営安定及び地域農業の持続的な発展に寄与するとともに、市民へ安全・安心・新鮮な生鮮食料品等の安定供給に努めるなど重要な役割を果たしてきました。

しかしながら、近年、生鮮食料品等の生産流通形態や市民ニーズの変化などによる取扱高の減少など、市場を取り巻く環境は厳しくなっているなか、本市場の持つ役割を今後も継続していくため、「安全・安心・新鮮 魅力あふれる福島市場」を目指すこととしています。

そのため、福島市中央卸売市場では、市民が求める安全・安心・新鮮な生鮮食料品等の安定供給の基幹的拠点として、市場の活性化を図るため、民間の活力やノウハウを導入し施設の管理運営をより一層効果的、効率的におこなうことにより、市場の活性化に資するため、平成25年6月に福島市公設地方卸売市場条例を制定し、平成26年4月1日より福島市公設地方卸売市場に転換するとともに、指定管理者制度を導入することとしました。

指定管理期間

平成26年4月1日から平成29年3月31日

指定管理者

(一社)福島市公設地方卸売市場協会

(一社)福島市公設地方卸売市場協会ホームページ(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ先

農政部市場管理課

福島市北矢野目字樋越1番地(福島市公設地方卸売市場 管理事務所内)

電話番号:024-553-1213

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?