ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

飯坂温泉について

ご提案

昔、飯坂温泉に家族で行く機会がよくありました。人々の浴衣姿や下駄の音、古い町並みや昭和の風情豊かな匂いは、今でも覚えております。そこで、お願いがあります。ぜひ、飯坂温泉で昭和を再現頂けないでしょうか。
今や、外人さんに限らず、定年退職した方、子供も含め、そういった昭和の癒しを求めているかたは、多々いると思います。

市の回答

飯坂温泉は、奥の細道をはじめとする歴史を感じさせる様々な史跡の他に、国の有形文化財に指定されている旅館や、三味線屋、食堂など昔から営業を続けている店舗が残り、古くからの温泉地としての佇まいが残っています。
飯坂温泉の振興として、平成18年度から平成22年度まで「にぎわい」と「もてなし」のまちづくりを目標に、国の支援を受け都市再生整備計画事業を実施し、「旧堀切邸」を中心とした温泉情緒ある街並みが整備されました。
この事業では、地域住民の皆様が主体となり住環境の改善と景観の保全を目的に、平成19年2月15日から平成39年3月末までの「飯坂町周辺地域まちづくり協定」が締結されています。
協定では「和風を基調とした風情ある住宅・温泉街の形成」を目的として、地域の皆さんが協力して魅力ある飯坂町の街並みづくりに取り組むことを定めて、現在までに62件ほど修景整備を行っています。
本市といたしましても「飯坂町周辺地域まちづくり協定」の趣旨を尊重し、地域の皆様と話し合い、協働しながら和風の風景づくりを進めるなど、飯坂温泉地の振興を図って参ります。

(商工観光部観光コンベンション推進室)

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部市民協働課広聴係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-563-7488

ファックス:024-536-9828

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?