トップページ > 各課のページ > 定住交流課 > 地域少子化対策重点推進事業について

地域少子化対策重点推進事業について

印刷用ページを表示する

 

 『福島市出会いの場創出事業』

福島市では、少子化対策重点推進交付金を活用し、結婚・子育てへの意識の喚起を図るため、出会いの場づくりを進める「出会いの場創出事業」に取り組みます。


「本市の実情と課題」

 福島市においては平成14年度以降、人口が減少に転じており、特に東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故後は転出が顕著となり、人口減少・少子高齢化が進んでいます。このような中にあって、女性人口の減少は出生数にも影響を及ぼしています。

 しかしながら、平成27年に実施した「福島市人口ビジョンにおける市民アンケート」では、結婚していない方の理由として「良い相手にめぐり会わない」の割合が40.4%と高くなっており、本市の若年層が結婚・出産・子育てを実現するライフスタイルを希望しているにも関わらず、実現していない状況にあります。

「課題解決に向けた本事業の位置づけ」

 「福島市総合戦略」においては、「安心して結婚・出産・子育てできるまちへ」を少子化対策の基本目標としており、それぞれの局面において切れ目のない支援をおこなうことにより、若年層が安心して結婚し、子どもを産み育てていきたいという願望をかなえ、福島市に住む、住み続けていけるまちの実現を目指しています。

 具体的施策として『1.出会いの場の創出』、『2.家庭における子育ての支援』、『3.安心して子育てできる環境の充実』を挙げ、本事業は『1.出会いの場の創出』に位置づけられています。

「具体的な事業内容」

(1)婚活イベントの開催

  独身男女の「出会いに恵まれない」というニーズに応えるため、婚活に関するイベントを年3回実施いたします。なお、開催にあたっては、結婚に対する意識を高めるため、講演会やセミナーをあわせて開催いたします。

(2)ライフサポーターの配置

  出会いのきっかけづくりから、結婚・出産・子育ておよび定住促進に結びつく支援をするための「ライフサポーター」の配置を実施します。

「事業における交付決定額」

 5,227,000円

皆さんのご意見をお聞かせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするための参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。