トップページ > 各課のページ > 放射線健康管理課 > 個人線量計(ガラスバッジ)の測定結果がまとまりました(平成28年3月1日更新)

個人線量計(ガラスバッジ)の測定結果がまとまりました(平成28年3月1日更新)

印刷用ページを表示する

 希望者を対象に、平成27年9月から11月まで3か月間、個人線量計(ガラスバッジ)により外部被ばく線量の測定を行ないました。その測定結果がまとまりましたのでお知らせします。

1

測定結果の概要

対象者288,040人中、24,667人の方が3か月の間測定を行ないました。
(内訳 15歳以下 5,973人、16歳以上 18,694人)

3か月間の測定平均値

全年齢 0.07ミリシーベルト

0歳~15歳 0.05ミリシーベルト

16歳以上 0.08ミリシーベルト

平成23年度より実施している15歳以下の測定平均値は、年々減少してきています。
※詳しくは、平成27年度福島市ガラスバッジ測定結果のまとめ2 【PDFファイル:147KB】 を参照ください。

測定結果から推計(※)される1年間の追加被ばく線量推計値

3か月測定者24,667人中、年間1ミリシーベルト未満のかたは24,240人で98.27パーセント

※3か月間の測定結果実績を4倍して1年間の数値を推計

なお、測定結果の詳細は、平成27年度福島市ガラスバッジ測定結果のまとめ  【PDFファイル:212KB】平成27年度福島市ガラスバッジ測定結果のまとめ2 【PDFファイル:147KB】 をご覧下さい。

測定結果に対する市健康管理検討委員会の見解

 医師や放射能対策アドバイザーなどで構成する市健康管理検討委員会からは、測定結果を検証し、『3か月で測定された線量から推定した年間積算線量からは、「将来、放射線によるがんの増加などの可能性は少ない」と判断されます。』との見解をいただいています。

【PDFファイル】
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ株式会社のホームページから最新版を無償で入手できます。
アドビリーダーのダウンロードページへリンクします。新しいウィンドウが開きます。

皆さんのご意見をお聞かせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするための参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。