ホーム > 市政情報 > 福島市のご案内 > 110周年記念事業 > 市制施行110周年記念事業へのご参加・ご協力に感謝いたします

ここから本文です。

更新日:2018年4月17日

市制施行110周年記念事業へのご参加・ご協力に感謝いたします

 福島市は平成29年度に、市制施行110周年を迎えました。

 この節目の年をお祝いするとともに、本市の魅力を再認識し、新たな「ふくしま」のさらなる飛躍の契機とするため、年度を通じて様々な記念事業を実施しましたが、合計112の事業に、市内外より延べ60万人を超える皆様にご参加いただきました。

 各種イベント等にご参加いただいた皆様、協賛イベント等にご協力いただいた企業や団体等の皆様に、心から感謝申し上げます。

 

メインテーマ

 「復興からさらなる飛躍へ ふくしま110」

実施期間

 平成29年4月1日 ~ 平成30年3月31日(プレイベントを除く)

記念式典
No. 開催時期 事業名 開催場所 事業内容 主催者 参加者数
1 7月8日 市制施行110周年記念式典 国体記念体育館 市制施行110周年を記念し、市政の発展に寄与した方々を表彰するとともに、震災・原発事故からの復興に対し支援していただいた方々へ感謝し、新たな「ふくしま」のさらなる飛躍を誓う契機とする式典を開催。 1,685

 

シンボルイベント
No. 開催時期 事業名 開催場所 事業内容 主催者 参加者数

1

9月23日 【シンボルイベント】
オペラ「乙和の椿」公演
音楽堂 源義経の忠臣佐藤継信・忠信の母乙和を中心とした佐藤一族にまつわる物語をもとに、ふくしま国体の際に県民によって作られたオペラを再演することにより、郷土への誇りと新たな魅力を再認識し、市内外へ広く発信。 市制施行110周年記念事業 オペラ「乙和の椿」公演実行委員会

737

2

9月30日~
10月1日
【シンボルイベント】
第12回 義経・与一・弁慶・静・継信・忠信合同サミット in 福島
パルセいいざか ほか 源義経・与一・弁慶・静・継信・忠信にまつわる歴史や伝承が残されている自治体が集いサミットを開催。郷土への誇りと新たな魅力を再認識するとともに、広く発信した。

1,300

 

プレイベント
No. 開催時期 事業名 開催場所 事業内容 主催者 参加者数

1

平成29年
3月11日~
3月12日
【プレイベント】
福島市制施行110周年記念
「NHKのど自慢」
パルセいいざか 平成29年4月1日の市制施行110周年に先立ち、記念事業の基本方針を共有し、110周年を市内外へ広くPRするために、「NHKのど自慢」の公開生放送を実施。
NHK福島放送局

2,254

 

冠イベント
No. 開催時期 事業名 開催場所 事業内容 主催者 参加者数
1 平成29年4月 4月1日~
5月8日
花見山写真展 in A・O・Z~四季折々の花風景~ A・O・Z 桃源郷花見山の花々が微笑みかける情景などを撮した写真展示や、花見山の風景を紹介したDVDの放映、ふくしま花案内人の解説などを実施。 5,889
2 4月12日 奥州街道の賑わい
活気あふれる江戸口の姿
A・O・Z 福島城下の江戸口として、江戸時代から明治期にかけて繁華街として賑わっていた柳町、荒町界隈の、当時の様子について、写真を交えながら紹介。 44
3 4月23日 福島を知ろう!
古関裕而と妻・内山金子
A・O・Z 古関裕而の妻である内山金子に焦点を当てた講演と、実際に曲を歌って楽しむ講座を実施。 36
4 5月 5月3日~
5月5日
児童公園こどもまつり 児童公園 こどもの日に合わせて、風船配付、ももりんとじゃんけん大会、大型遊具無料開放などを実施。 20,739
5 5月6・7日
11月4・5日
春・秋の「茶会」 御倉邸 福島市茶道連絡協議会と協働で、茶道を通して市民との交流を図り、御倉町地区の賑わいを創出。
福島市茶道連絡協議会
972
6 5月9日~
計15回開催
福島市役所ロビーコンサート 市役所本庁舎1階ロビー

市制施行110周年を記念し、市民に市役所に親しんでもらうとともに気軽に音楽を楽しんでもらうためのミニコンサートを開催。様々なジャンルの方に出演していただき、全15回開催した。

1,789
7 5月13日 荒川フェスティバル 荒川桜づつみ河川公園 河川環境の保全や自然保護の啓発、子ども達に川の良さを知ってもらうことを目的に地域密着型のイベントとして開催。(降雨体験、ステージショー、ふれあい市場、フリーマーケット、パネル展示など)
⇒ 悪天候のためイベント中止
荒川フェスティバル実行委員会 中止
8 5月13日 うつくしま・みずウオーク2017福島大会 あづま総合運動公園 荒川周辺の水辺の自然に親しみ、水環境に理解を深めてもらうとともに、健康づくりを進めるウオーキングイベントを実施。(15キロ、10キロ、5キロ、まなぶん3キロ民家園周回) うつくしま・みずウオーク実行委員会 1,500
9 5月17日 第40回福島市小学校鼓笛パレード 県庁前通り→新町・万世町通り 市内50校の小学生が「地域復興へ向けた前進」「交通安全運動」を市民に呼びかけ、鼓笛パレードを実施。 市教育委員会
福島市小学校長会
福島地区小学校教育研究会
3,618
10 5月23日 福島の花街と奥州街道
北裡界隈から仙台口
A・O・Z 福島城下の仙台口として、江戸時代から明治時代にかけて大人の遊び場として賑わった北裡界隈の移り変わりを、写真とともに紹介。 46
11 5月28日 母心コンビ結成10周年福島感謝お笑いライブツアー「59市町村 ありがとない!!」 民家園 旧広瀬座において、結成以来福島で活動してきたお笑いコンビ「母心」の、10年間の集大成となる漫才を公演。 旧広瀬座事業実行委員会 335
12 6月 6月3日 第59回水道週間イベント A・O・Z 水道ポスターコンクール展、水のサイエンスショー、モンドセレクション受賞報告パネル展示等を実施。 1,553
13 6月3日 第10回ふくしま山車祭り
~県北の山車集結~
国道13号
信夫通り
県北各地の地域文化の象徴である「山車」が、中心市街地に結集し、それぞれの地域文化をお披露目するとともに、笛や太鼓を奏でながら練り歩き、110周年を市民全員で祝福。 ふくしま山車フェスタ実行委員会 30,000
14 6月3日~
6月4日
サンドアートフェスティバル2017 四季の里・農村いちば 子どもと市民が安心して自然と触れ合える場を設け、外遊びや砂遊びの楽しさを体験できる機会を提供。 5,500
15 6月4日 第29回ふくしま緑の百景歩こう会 飯坂町地内 ふくしま緑の百景に登録されている大鳥城跡や飯坂の町並み、大作山の自然を満喫する約11キロのコースを周るイベントを実施。地元特産品の提供やステージイベント等も開催。
福島県森林・林業・緑化協会
福島民報社
1,000
16 6月7日 市民学習支援プラン事業
講演会&ふれあいコンサート
吉井田学習センター 市制110周年にちなんで名誉市民第1号古関裕而さんをテーマに、講演会並びにふれあいコンサートを開催。 吉井田コーラス教室
市教育委員会
176
17 6月11日 福島市芸術文化祭
「第44回福島市民短歌大会」
市民会館 市内の短歌愛好家による交流と、成果発表を行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
福島市民短歌大会実行委員会
119
18 6月18日
9月3日
天戸川クリーンアップ作戦 吾妻地区 清流天戸川の美しい自然環境を保存し、子々孫々受け継いでいくために河川清掃を実施。 天戸川の清流を守る会 280
19 6月21日 福島城と城下町
旧城下町の中心街を巡る
A・O・Z 大森城主・木村吉清は、文禄年間に杉目城に移り、「福島城」と改名したが、福島城と旧城下町の歴史や遺跡、当時の人々の暮らしなどを紹介。 45
20 7月 7月2日 市制施行110周年
記念レース
JRA福島競馬場 「さくらんぼ特別競走」を「福島市制施行110周年」記念レースとし、レース優勝者に福島市長賞を贈呈。 JRA 18,000
21 7月8日~
7月9日
シルクロードネットワークふくしまフォーラム コラッセふくしま ほか 全国の絹関連遺産関係都市・団体を対象とした視察見学会及び絹関連遺産の地域づくりについて学ぶ講演会等を開催。 シルクロードネットワークふくしまフォーラム実行委員会 220
22 7月9日 福島市芸術文化祭
「第30回福島市民川柳大会」
市民会館 市内の川柳愛好家による交流と成果発表を行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
福島市民川柳大会実行委員会
100
23 7月9日
10月21日
花のまちガーデニング教室 福島明成高等学校 市民協働による、花のまちづくり事業の一環として、花に対する知識を学習するとともに、参加者同士の交流促進を図り、花いっぱいのまちづくりを推進。 58
24 7月13日 第39回福島市高齢者スポーツ大会 国体記念体育館 各地区老人クラブによるスポーツ大会を開催。
福島市老人クラブ連合会
490
25 7月22日 Fukushima Hawaii Bon Dance Festival 四季の里 福島の盆踊り(福島音頭)が移住者とともにハワイへ渡り、今もなお継承し、活動を続けている「ホノルル福島ボンダンスクラブ」との交流を図ることでそのルーツを再確認し、本市の魅力発信と風評の払拭へ繋げた。 700
26 7月23日
9月5日
11月5日
ふくしまマスターズ大学 公会堂 生涯学習への意識の高揚を目的として、戦場カメラマン 渡部陽一氏、女優 室井滋氏、経済アナリスト 森永卓郎氏などの著名な講師による講演会を実施。
市教育委員会
2,821
27 7月24日 ふくしまの長い一日
幕末・東北戦乱の始まり
A・O・Z 幕末期の戊辰戦争きっかけとなった世良修三暗殺事件の顛末や、それにまつわる痕跡を紹介。 45
28 7月25日~
7月30日
人権と平和展 A・O・Z
(予定)
人権尊重思想の普及高揚及び平和意識の高揚を図ることを目的に、男女共同参画についてのメッセージや中学生平和へのメッセージなどの展示、人権相談などを行った。 577
29 7月25日~
11月24日
2017ふくしまスイーツフェア 市内菓子店等 平成26年度から28年度の「ふくしまスイーツコンテスト」入賞スイーツを市内外の菓子店やレストラン・ホテル等で提供し、「くだものの宝石箱ふくしま市」の新しい魅力の定着を図った。
30 7月26日
10月4日
小学校体育大会
水泳・陸上競技大会
森合市民プール
信夫ヶ丘競技場
体育活動の推進、健康増進と体力及び運動能力・競技力の向上を図るため、市内小学校の児童が水泳競技大会、陸上競技大会を実施。 市教育委員会 2,252
31 7月27日
8月20日
ふくしまスイーツコンテスト2017 東京都内
福島市内
「くだものの宝石箱福島市」の新たな魅力の発信と農産物の風評払拭を目指し、福島市産のくだものを使ったスイーツコンテストを開催。 396
32 7月29日 第39回ふくしま花火大会 信夫ヶ丘緑地(市内古川地内) 「花美咲く ふくしま夏夜空~39th Anniversary~」をテーマに、約10,000発の花火でふくしまの夜空を彩った。メッセージ花火や、市制施行110周年・商工会議所創立100周年記念花火等も実施。 ふくしまのまつり運営委員会(ふくしま花火大会実行委員会) 90,000
33 8月 8月4日~
8月5日
第48回福島わらじまつり 国道13号信夫通り 古来より健脚を願って奉納されている日本一の大わらじの伝統を守る市民の祭りとして、大わらじ・子どもわらじのパレードやわらじおどり、ダンシングそーだナイト、わらじ競争などを実施した。 ふくしまのまつり運営委員会(福島わらじまつり実行委員会) 280,000
34 8月12日 歴代ミスピーチ55周年同窓会 市内 ミスピーチ誕生より55年周年を迎えることから、同窓会を実施し、歴代のキャンペーンクルーによる新幹線ホームでの桃の配付や、ミスピーチ同窓会を開催し、福島の桃と市制施行110周年を広くPRした。 ミスピーチ55周年同窓会実行委員会 100
35 8月12日 夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会 十六沼公園体育館 NHK等と協力し、市民の運動習慣化のきっかけとすることや本市の元気発信を目的とし、朝のラジオ体操の公開生放送を実施。放送終了後にはラジオ体操ポイントレッスンなども実施した。
株式会社かんぽ生命
NHK
NPO法人全国ラジオ体操連盟
900
36 8月20日~
8月31日
福島市写真美術館企画展
谷古宇正彦写真展「劇場の宇宙」
福島テルサ 舞台写真の第一人者である谷古宇正彦氏の写真展を開催、本市の写真文化の振興に寄与した。 福島市写真美術館
(市の委託事業)
303
37 8月27日 人形浄瑠璃「猿八座」ふくしま旧廣瀬座公演 民家園 新潟県佐渡市より猿八座を招き、旧広瀬座において人形浄瑠璃の公演会(演目は安寿と厨子王「山椒太夫」)を開催。 旧広瀬座事業実行委員会
市教育委員会
169
38 8月27日 福島市芸術文化祭
「第57回福島市邦楽の祭典」
公会堂 市内の邦楽団体による、謡曲、民謡、尺八、三味線、筝曲、舞踊、詩吟等の成果発表を行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
邦楽の祭典実行委員会
405
39 8月31日 昭和の息吹
ノスタルジック商店街を巡る
A・O・Z 懐かしい昭和の街並みが残る福島市のまちなかの、老舗や由緒あるお寺などを紹介。 44
40 9月 9月2日~
9月3日
福島市民のくらし展2017 コラッセふくしま 消費生活に関するパネル展示、物品の展示、講演会等を実施。 福島市民のくらし展実行委員会 580
41 9月3日 福島市芸術文化祭
「第45回福島市民俳句大会」
福島テルサ 市内の俳句愛好家による交流と成果発表、小学生俳句コンクールなどを行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
福島市民俳句大会実行委員会
163
42 9月9日 第10回福島バスまつり 吾妻通り
さんかく広場
街なか広場
9月20日の「バスの日」を記念し、珍しいバス、お絵かきバスの展示や、まちなかゆうえんちなど、中心市街地活性化及び公共交通機関の利用啓発のためのイベントを実施。 福島バスまつり実行委員会 3,000
43 9月17日 結・ゆい・フェスタ2017 A・O・Z 在住外国人と市民との交流事業やブース出展による活動PR、ステージでの世界の民俗芸能紹介などを行い、異なる文化の相互理解やネットワークの強化が図られた。
福島市国際交流協会
1,500
44 9月21日 市民学習支援プラン事業
地域歴史講演会
吉井田学習センター 吉井田歴史愛好会企画により「ふるさと福島市の礎を築いた先人たち」と題し、本市発展に尽くした先人の努力や業績を学んだ。 吉井田歴史愛好会
市教育委員会
118
45 9月24日 健康フェスタ A・O・Z 市民の健康意識の高揚と実践を図るため、保健・医療・福祉団体の参加・協力により、講演会の開催や各団体によるブース設置などを行った。 860
46 9月30日~
10月1日
第66回福島市発明くふう展 コラッセふくしま 市民(児童、生徒、一般(企業含む))のアイディア作品、発明品を募集・展示・表彰した。また、同展示室内に、ものづくり体験コーナーを設置。
市教育委員会
432
47 9月~ 縄文を活かした福島の情報発信事業 国史跡宮畑遺跡の地で暮らした縄文人が、実際に使用した土器の文様である「雲形文」を素材として作成したデザインを活用し、縄文時代の史跡が2ヶ所(宮畑遺跡・和台遺跡)存在する、全国的にも数少ない自治体である福島市を全国にPRした。 市教育委員会
48 10月 10月1日 東北の民俗芸能 民家園 「田島祇園祭屋台歌舞伎保存会」を招いての民俗芸能や、「音祇草子」の民謡、「伝統文化みらい協会」の日本舞踊などの公演を行った。 旧広瀬座事業実行委員会 197
49 10月5日~
10月9日
福島市芸術文化祭
「第51回福島市民美術展覧会」
A・O・Z 日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の公募や、いけばなの出瓶による展覧会を開催。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
福島市民美術展覧会運営委員会
9,035
50 10月11日 第41回福島市高齢者ミニゴルフ大会 信夫ケ丘競技場 各地区老人クラブによるミニゴルフ大会を開催。
福島市老人クラブ連合会
289
51 10月14日 2017ふくしま環境フェスタ こむこむ 環境保全に対する意識高揚を図るため、地球温暖化防止や再生可能エネルギーに関するイベントを開催。
ふくしま環境基本計画推進協議会
717
52 10月14日 第42回障がい者スポーツ大会 信夫ケ丘
競技場
スポーツを通じて健康の維持増進と社会参加の促進を図ることを目的とし、身体、知的、精神の障がい者を対象に個人競技(パン食い競争等)、団体競技(ボール転がし競争)などのスポーツ大会を実施。 第42回障がい者スポーツ大会実行委員会 268
53 10月14日~
10月15日
福島市芸術文化祭
「第38回福島市芸能祭」
公会堂 市内の芸能愛好者による成果発表を行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
福島市芸能祭実行委員会
1,100
54 10月15日 2017ふくしま健康マラソン大会 とうほう・みんなのスタジアム 距離・年齢・性別等の34部門に分け、ふくしまの美しい自然を満喫しながら秋のあづま路を走るマラソン大会を実施。市民はもとより、県内外からも多くの参加者があった。 ふくしま健康マラソン大会実行委員会 1,737
55 10月16日 景観まちづくりセミナー 福島テルサ 「福島らしさ」のあるまちづくりを主題とした講演及び本市の進める「景観まちづくり」の紹介等を実施。 210
56 10月21日 第11回 あづまの里ふるさとウォーク 吾妻地区 「あづまの里ふるさと再発見マップ」を活用して吾妻管内4地区(野田・庭坂・庭塚・水保)を毎年順に巡り、4地区それぞれの魅力を吾妻地区内外に発信。 あづまの里ふるさとウォーク実行委員会 120
57 10月21日~
10月22日
「ふくしま歴史絵巻」刊行記念
城下町福島から県都福島へ
A・O・Z 江戸時代から昭和にかけての貴重な資料(初公開の資料あり)を展示、ギャラリートークや講演会等も実施。 244
58 10月22日 J3リーグ福島ユナイテッドFCホームゲーム
「集まれ3,000人 福島市チャレンジマッチ」
とうほう・みんなのスタジアム 市がホームゲームのマッチデースポンサーとなり、ライブパフォーマンスやアトラクション、特産物の販売や来場者プレゼント等を実施。 1,456
59 10月22日 第34回 わくわく市場まつり 福島市公設地方卸売市場 福島市公設地方卸売市場を広く市民や消費者にPRし、風評払拭と市場活性化を図るため、生鮮食料品や花の即売、模擬せりなどを実施。 福島市公設地方卸売市場まつり運営委員会 20,000
60 10月22日 茂庭そばまつり 茂庭ふるさと館 例年開催している地元実行委員会主催の「茂庭そばまつり」に合わせて、茂庭の湯湧出20周年を記念し、名入タオルや無料入浴券を配付。 NPO法人茂庭っ湖の郷
500
61 10月28日~
10月29日
第22回吉井田地区文化祭 吉井田学習センター・吉井田支所 ~つながろう吉井田!みんなの文化祭~をテーマに、日頃の学習成果を発表する地区の文化祭を開催。 第22回吉井田地区文化祭実行委員会 2,000
62 10月29日 福島市古関裕而記念音楽祭2017 音楽堂 古関裕而氏の業績の顕彰と古関メロディーの承継を目的とし、市民音楽団体やゲストによる、古関メロディーを中心とした音楽祭を開催。
市教育委員会
福島市古関裕而記念音楽祭実行委員会
887
63 10月29日 広瀬座建立130周年祝賀事業
「歌舞伎レクチャー ~歌舞伎を体験しよう!~」
民家園 広瀬座建立130周年を記念し、歌舞伎俳優 中村橋吾による実演を交えた歌舞伎の解説や、ワークショップなどを行った。 旧広瀬座事業実行委員会 80
64 11月 11月2日~
11月3日
市民・地域共同発電所全国フォーラム2017 in 福島 コラッセふくしま 「市民共同発電所」づくりのための情報、ノウハウ、課題などを共有し、取り組みを通じて地域主導の再生可能エネルギー普及に取り組む主体のネットワーク化を図ることで、地域の主体的な取り組みを支援するための体制づくりにつなげていくことを目的とした全国フォーラムを開催。 市民・地域共同発電所全国フォーラム2017・福島県実行委員会 542
65 11月5日 ふくしま市 食育フェスタ こむこむ 「第2次福島市食育推進計画」の周知と、市民一人ひとりの「食力」の向上を目的に、各種団体の参加・協力により各種ブースの出店や親子料理教室、相談・展示コーナー等を実施。 350
66 11月5日 ふくしま手織りフォーラム 民家園 糸とりや機織り、真綿づくり等の体験実演や、道具や作品の展示、クイズラリー、講演会等を開催。 市教育委員会 1,133
67 11月11日~
11月12日
第17回福島市名工展 A・O・Z 親子ものづくり教室、名工による作品展、ものづくり実演などを実施。
市名工会
3,730
68 11月19日 福島市芸術文化祭
「第38回福島市舞踊への招待」
公会堂 市内の4つの洋舞団体による成果発表を行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
舞踊への招待実行委員会
471
69 11月20日~
11月21日
農産物安全・安心発信事業
~秋のふくしま路と復興応援ツアー~
福島市内 本市の交流都市である荒川区民が来福し、本市の魅力と復興に取り組む姿に直接触れてもらう事で、荒川区を通じて広く発信した。 30
70 11月23日 福島市芸術文化祭
「マーチング・フェスタ2017」
国体記念体育館 市内のマーチングバンドによる合同演奏会を行った。 市教育委員会
福島市文化団体連絡協議会
マーチング・フェスタ実行委員会
1,671
71 11月25日 男女共生セミナー2017 福島テルサ 男女共同参画意識を醸成し、男女がともに力をあわせ、その個性と能力を十分に発揮できる地域社会の実現を目指すことを目的として講演等を実施。
市男女共生セミナー実行委員会
430
72 12月 12月3日 中原中也生誕110周年記念
中原中也が結ぶ 福島と山口の絆「中原中也 今を生きることば」
A・O・Z 福島市と山口市の交流の原点である「中原中也」に焦点をあて、中原中也記念館館長と福大名誉教授の対談や、両市の朗読サークルによる詩の朗読などの交流事業を実施。 53
73 12月9日 第29回障害者週間記念事業「ふれあいのつどい」 A・O・Z 障がい者の自立と社会参加を推進するとともに、市民の関心と理解の向上、意識啓発を図るため、障がい者体験発表、手話教室、点字体験などを実施。 障がい者週間記念事業実行委員会 3,450
74 12月9日~
12月11日
第43回福祉作品展 A・O・Z 共に生きる社会、自立した生活・社会参加を推進することを目的に、障がい者や高齢者が作成した絵や手芸品などの作品の展示を行った。 7,185
75 12月10日 福島市子育て講演会 こむこむ 子どもの心身の健全な発達を図るため、保護者自身の心の健康の保持・増進を目的とし、白梅学園大学学長を講師に招き講演会を開催。 140
76 平成30年1月 1月13日 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
「ニューイヤー・コンサート」 
音楽堂 伝統あるワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサートを開催。音楽監督、指揮にヤツェク・カスプチェク氏、ソリストに将来性豊かな若きピアニスト 牛田智大を迎えた。 市教育委員会
(公財)福島市振興公社
906
77 1月20日 福島テルサ寄席
「笑いと健康!うつくしま芸人会」
福島テルサ 福島市で活躍中の“うつくしま芸人会”による、落語・漫談・マジック・大喜利などを披露した。 (公財)福島市振興公社(市の委託事業) 473
78 1月発行 北信地区ふる里再発見マップ作成 北信地区の誇るべき歴史と文化、美しい景観などの地区の素晴らしさを地元の方々に再認識してもらうとともに、北信地区のまちづくりへの意識を育み地域振興を図ることを目的に、地区内に点在する名所・旧跡などを掲載した、エリアマップを作成。
発行部数 15,000部(地区内全戸配布、地区内小中学生へ配布)
北信地区まちづくり推進委員会
79 3月 3月17日 花見山クリーンアップ作戦 花見山 花見山を訪れる多くの皆さんをお迎えするために、市民、団体、行政が協働で清掃活動を実施。
花見山観光振興協議会
330
80 3月24日 信夫山クリーンアップ作戦 信夫山 市のシンボル信夫山の魅力を再発見するとともに、より多くの市民に親しんでもらえるように、市民と行政が協働で清掃活動を実施。 80

 

協賛イベント  
No. 開催時期 事業名 開催場所 事業内容 主催者 参加者数
1 平成29年4月 4月29日~
6月29日
【協賛イベント】
第23回福島市民スポーツ・レクリエーション祭
市内各施設 福島市レクリエーション協会加盟団体が、それぞれに種目を実施し、広く市民にスポーツ・レクリエーションに親しむ場を提供。総合開会式・講演会をはじめ、2カ月にわたり13種目を実施した。 特定非営利活動法人福島市レクリエーション協会 1,927
2 5月 5月3日~
5月5日
【協賛イベント】
四季の里 春まつり
四季の里 空いっぱいに泳ぐこいのぼりの数当てクイズや、ステージショー、縁日コーナーなどを実施。 福島市観光開発株式会社 19,898
3 5月3日~
5月5日
【協賛イベント】
第22回高等学校女子ソフトボール強化研修大会
十六沼公園スポーツ広場 本市ソフトボールの競技力向上と参加者相互の親睦を図るため、高等学校女子ソフトボール強化研修大会を開催。 福島市ソフトボール協会 450
4 5月4日 【協賛イベント】
福島市生涯スポーツ・レクリエーションフェア vol.22
街なか広場 福島市レクリエーション協会加盟団体が協力し、それぞれの種目の体験コーナーを設けたほか、幼児から高齢者・障がい者まで幅広く楽しむことのできるレクリエーション種目を提供。参加者はフェアを通じて体を動かす楽しさを体験し、生涯スポーツへの理解を深めた。 特定非営利活動法人福島市レクリエーション協会 1,000
5 5月6日~
5月7日
【協賛イベント】
第3回東北オープン中学生女子ソフトボール大会
十六沼公園スポーツ広場 ソフトボールの普及振興、参加者相互の交流を図ることを目的に、市内や東北各地区の中学生ソフトボールチーム 計16チームが参加し、大会を開催。 公益財団法人福島市スポーツ振興公社 630
6 6月 6月6日~
6月28日
【協賛イベント】
フォークダンス初心者講習会
中央学習センター、北信学習センター レクリエーション活動としてのフォークダンスを通じて、健康維持増進や仲間づくり、国際理解等を図った。 福島市中央フォークダンスクラブ(スマイルハート・スウィング)
福島北信フォークダンスクラブ
300
7 6月11日 【協賛イベント】
第10回あらかわ・ふるさとの川ウォーキング
四季の里
ほか
清流日本一の荒川周辺をウォーキングし、参加者は心と体の健康増進を図るとともに、自然や住民の生活を守るための工夫と歴史的土木遺産を学んだ。 あらかわ・ふるさとの川ウォーキング実行委員会 749
8 6月11日 【協賛イベント】
第8回福島市野田児童センターこどもまつり
野田児童センター 地域ぐるみで子ども達の健全育成を目指すことを目的に、地域の大人と子ども達のふれあいを主とした、こどもまつりを開催します。 福島市野田児童センターこどもまつり実行委員会 2,500
9 8月 8月3日 【協賛イベント】
第45回ふくしま恵風園七夕夏祭り☆納涼花火大会
福島恵風園敷地内及び荒川河川敷 地域の方や施設利用者等が自由に参加し、盆踊りや縁日、抽選会、花火大会等を実施した。地域の方々との交流、社会福祉事業の理解を深め、地域ぐるみの高齢者福祉事業と児童健全育成推進事業を推進を図った。 社会福祉法人福島施設協会 800
10 8月6日 【協賛イベント】
第26回福島マスターズ陸上競技選手権大会
信夫ヶ丘競技場 市民と他市町村の競技者との交流を行うとともに、競技力の向上を図ることを目的に、マスターズの陸上競技大会を開催。 福島マスターズ陸上競技連盟 259
11 8月13日 【協賛イベント】
四季の里 夏まつり
四季の里 屋台村コーナーや、霊山太鼓などのステージショー、子ども花火、打ち上げ花火などを実施した。 福島市観光開発株式会社 8,111
12 9月 9月16日~
9月18日
【協賛イベント】
特選!!ご当地グルメ&ふくしま美酒フェスタ
吾妻通り
さんかく広場
市街地活性化とふくしまのお酒のPRのため、全国ご当地グルメと福島の酒でにぎわいを創出するイベントを開催。 福島民友新聞社 20,000
13 9月18日 【協賛イベント】
第13回マスターズ駅伝競走大会
とうほう・みんなのスタジアム ほか 心身の健康保持・増進を図り、母校や地域社会の進行・活性化に寄与するための生涯スポーツの祭典として、中高年による駅伝大会を開催。 マスターズ駅伝競走大会実行委員会 400
14 9月18日 【協賛イベント】
福島市民オーケストラ
第28回ファミリーコンサート
音楽堂 指揮者・オーケストラ体験コーナーなども交えながら、小さな子供からお年寄りまで楽しくオーケストラに親しめるような演奏会を開催。 福島市民オーケストラ 704
15 9月23日~
9月24日
【協賛イベント】
スーパースカイアグリ2017(リンゴ祭り)
ふくしまスカイパーク 震災後もスカイパークを活動拠点として活躍する室屋義秀氏のフライトや、デモ走行、キッズパーク、本市の農産物PRなどを通じ、福島の魅力を世界へ発信するイベントを開催。 NPO法人ふくしま飛行協会 6,000
16 9月24日 【協賛イベント】
いいざか芸能秋まつり
パルセいいざか 民謡、舞踊、フラダンス、バレエ、詩吟、琴、カラオケなどの芸能発表を行うとともに、チャリティ募金箱を設置し、社会福祉協議会へ寄付を行った。 飯坂町芸能協会 1,050
17 9月30日 【協賛イベント】
福島踊屋台巡行
中心市街地 市民の協力を得て50年ぶりに復活した2階建ての踊屋台を子どもたちに引いてもらいながら運行し、地域の枠を超えたコミュニティの創出や地域連携、中心市街地の活性化を図った。 NPO法人福島踊屋台伝承会 100
18 10月 10月1日 【協賛イベント】
2017福島市まちなか子ども夢駅伝競走大会
吾妻通り
さんかく広場
中心市街地活性化や青少年健全育成、生涯スポーツの推進、子どもたちの「故郷への思い」をさらに強く持ってもらうことなどを目的に、幼稚園児から小学校6年生までの駅伝競走大会を開催。 福島市まちなか子ども夢駅伝競走大会実行委員会 1,100
19 10月8日 【協賛イベント】
モアレ・サクソフォン・アンサンブル第20回定期演奏会
音楽堂 県内外で活動するサクソフォンアンサンブルが、ゲストステージやサクソフォンオーケストラステージなど、多彩なステージを展開。全国からの仲間とのコンサートを通じ、風評払拭や地元への貢献を行った。 モアレ・サクソフォン・アンサンブル 300
20 10月14日 【協賛イベント】
第2回ふくしまストリートミュージックフェスティバル
福島駅周辺 福島駅周辺や市内全体の活性化のため、様々なジャンルのミュージシャンによる演奏を、福島駅周辺で開催。物販等も併せて行い、様々な層の誘客を図った。 福島ストリートミュージックフェスティバル実行委員会 2,500
21 10月14日~
10月15日
【協賛イベント】
四季の里 秋まつり
四季の里 屋台村コーナー、ウルトラヒーローのステージショーなどや、農産物ふれ愛市、あづまの里「荒井」そば祭り&収穫祭を開催。 福島市観光開発株式会社 6,054
22 10月21日 【協賛イベント】
Performance live in TERRSA 和の饗宴 書と音色
福島テルサ 福島市を中心に活躍するプロの書道家、琴奏者、和太鼓奏者による、和を中心としたライブパフォーマンスを開催。 公益財団法人福島市振興公社 福島テルサ 216
23 10月28日 【協賛イベント】
『まちの学校』まちの歴史講演会
市民活動サポートセンター(チェンバおおまち) 福島をもっと知ってもらい、地元に誇りと愛着を持ってもらうために、地元を知る有識者を招いての講演会を開催した。 NPO法人福島踊屋台伝承会 90
24 10月28日 【協賛イベント】
福島から元気を発信! 第5回親子大運動会 in ふくしま
十六沼公園 放射線の影響で屋外での遊びを制限されている子どもたちに、元気に体を動かす機会を提供することを目的に、親子で楽しめる運動会を開催。 福島民友新聞社 186
25 11月 11月3日 【協賛イベント】
第11回信陵地区ウォークラリー大会
信陵地区内 参加者の家族間や地域内での交流を図るとともに、子どもたちの健全育成や地域とのつながりの強化を図ることを目的に、信陵地区内でウォークラリー大会を開催。 第11回信陵地区ウォークラリー大会実行委員会 130
26 11月19日 【協賛イベント】
ふくしま市民活動フェスティバル2017
A・O・Z 市民団体等の活動への市民の関心を深め、団体同士の連携や産学官、団体等の協働の推進を目的として、様々な企画を盛り込んだフェスティバルを開催。 ふくしま市民活動フェスティバル2017実行委員会 2,800
27 平成30年2月 2月4日 【協賛イベント】
劇団120○EN 第24回公演
「幕末アリス」
福島テルサ 幕末から明治を生きた福島市飯野町出身の曲芸師・高野広八を創作劇で描くことで、福島市の文化活動復興をアピールするとともに、地域の歴史や民話の再発見につなげた。 劇団120○EN 420

 

広報宣伝事業

 広報宣伝事業一覧(PDF:81KB) 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

総務部総務課総務係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3701

ファックス:024-535-1260

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?