水道管の凍結・破裂に注意しましょう

水道管は寒さが苦手です。
水道管が凍ってしまうと水が出なくなったり、破裂して水漏れが発生することがあります。
 
水道管の凍結・破裂が多数発生すると、指定給水装置工事事業者に依頼しても、業者の手が回らず、長時間水が使えなくなるだけでなく、修理が必要となった場合は費用も発生します。

 屋外などのむき出しになっている水道管を保温材などで保護したり、凍結防止ヒーターがある場合には、電源を入れるなど、各ご家庭で水道管の寒さ対策をしましょう。

水道管が凍結しやすい条件

①外気温がマイナス4℃以下のとき。
②一日中、外気温が氷点下の「真冬日」が続くとき。
③旅行などで長期間水道を使用しないとき。

水抜栓の場所確認と操作方法

凍結を防ぐ効果的な方法は、水抜栓を操作し、住宅内の水道管から水を抜くことです。
水抜栓は、主に屋外の水道メーター付近にあります。

 ①ー2
mizunuki101252

 水抜栓の場所を確認する
(水抜栓は主にメーターボックスの近くにあります)

 水抜栓の拡大図
mizunuki2 mizunuki3
水抜栓のふたを開ける ハンドルを右へ(時計回り)止まるまで回す
(終了後、ふたを閉めてください)
 ④ p04022
 住宅内の蛇口を全開にし、水を抜く
(蛇口から水が出ないことを確認し、
蛇口を閉めてください)

PDFでも水抜栓の操作方法をご覧いただけます

凍結・破裂の対処方法

凍結してしまった場合

蛇口にタオルなどを巻き付け、ぬるま湯ゆっくり掛けてください。
ぬるま湯を掛けても水が出ない時は、指定給水装置工事事業者へ依頼してください。

※熱湯を掛けると、破裂する場合がありますので注意してください!

p5310-%e6%9b%b4%e6%96%b0%e6%b8%88%e3%81%bf

破裂してしまった場合

水抜栓を閉めて、指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください
 

 

お問い合せ先

連絡先 水道局給水課
TEL 024-535-1126