ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

検査業務

定期検査

計量器(はかり)の定期検査(計量法第19条第1項)

取引または証明に使用するはかりについては、2年に1回、はかりの所在場所を訪問し、検査を行います。

「一般事業者向け」定期検査についてのパンフレット

「はかり」を使用している事業者の皆様へ(PDF:642KB)

「医療関係事業者向け」定期検査についてのパンフレット

「はかり」を使用している医療関係事業者の皆様へ(PDF:658KB)

検査手数料

福島市手数料条例に基づき、定期検査手数料をいただきます。

手数料は、計量器(はかり)の種類によって異なります。

詳細はこちらをご覧ください。

計量器の種類・手数料一覧(PDF:199KB)

立入検査

立入検査(計量法第148条)

商品量目立入検査と、特定計量器の立入検査を行います。

電気子メーター管理者向けのパンフレット

電気子メーター管理者の皆様へ(PDF:299KB)

燃料油メーター管理者向けのパンフレット

燃料油メーター管理者の皆様へ(PDF:384KB)

関連リンク

経済産業省東北経済産業局(外部サイトへリンク)

日本電気計器検定所(JEMIC)(外部サイトへリンク)

定期検査の日程

商店、工場、病院、薬局、農家などで取引や証明で使用する「はかり」は、計量法により定期的な検査が必要となります。初めて受験される事業者等は、ご連絡ください。

 

平成29年度(奇数年度)は下記の地区で検査を行います。

実施地区:本庁管内、清水、北信、信陵、飯坂、飯野

検査期間:平成29年5月から平成30年3月

 

平成30年度(偶数年度)は下記の地区で検査を行う予定です。

実施地区:渡利、杉妻、蓬莱、東部、吉井田、西、土湯温泉町、立子山、松川、信夫、吾妻

 

大型計量器(トラックスケールなど)は奇数年度

福島市では、1トンを超える「はかり」について、定期検査を行っています。

実施地区:市内全域対象

検査時期:奇数年度の9月から12月頃まで

1.手数料は条例に基づき、市へ納入通知書により納付

2.分銅運搬経費は事業者負担となり、別途定期検査委託業者へ支払

大型計量器定期検査の申請書・記入例(ワード:49KB)

大型計量器の据え付け届・記入例(ワード:38KB)

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部商業労政課計量検査所

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3721

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?