ホーム > くらし・手続き > 選べる活動内容が魅力!山間の温泉地を元気にしたい!地域おこし協力隊を募集します!

ここから本文です。

更新日:2018年7月5日

選べる活動内容が魅力!山間の温泉地を元気にしたい!地域おこし協力隊を募集します!

福島市の土湯温泉町地区では、既に地域おこし協力隊が活躍しておりますが、更なる活性化を進めるため、新たに地域おこし協力隊を募集します!

詳しくは、下記の募集概要及び募集要項をご覧いただき、福島市土湯温泉町地区での地域活動に意欲のある方を募集します!

募集概要

1 募集人数 1名

2 勤務場所 福島市土湯温泉町地内

≪土湯温泉町≫

福島市の土湯温泉町地区は、福島市街地から約30分の吾妻連峰の山間に位置する温泉街で、温泉街の中央には6年連続水質日本一に輝いた清流である荒川が流れ、年間約60万人が訪れる福島市の重要な観光地です。

しかしながら、東日本大震災に伴う福島第一原発事故の風評被害を受け、観光客が激減し16軒あった旅館やホテルの内、6軒が廃業または長期休業に追い込まれてしまいました。

こうした事態を踏まえ、復興まちづくりを目指して地元住民が立ち上がり、再生可能エネルギー導入によるエコタウンの創出をはじめとした新たな地域の魅力づくりに取り組んでいます。

土湯温泉観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

株式会社元気アップつちゆ(外部サイトへリンク)

3 主な活動内容

地域おこし協力隊は、土湯温泉町の活性化を目指し、主に以下の3つの活動内容より自身が行いたい活動内容に従事する。

(1)平成31年4月にオープンする予定の観光交流センターの企画・運営。伝統産業である土湯こけしの伝統継承。

(2)取得予定のどぶろく特区を活用した、どぶろく及びシードルの醸造・販売。また、これらの産品を地域ブランドとして活用し、新たな温泉観光地のモデルとなる。

(3)温泉街の中心にあった和菓子店を改装し、コミュニティカフェの企画・運営。同時にお土産としての新製品開発や、地域の賑わいを創出する。

活動のスケジュール等については、別添の育成プログラムを参照してください!

4 身分・賃金

(1)身分 福島市の一般職(嘱託職員)とする。

(2)賃金 月額174,000円

5 募集期間

平成30年7月2日(月曜日)から平成30年8月10日(金曜日)必着

土湯温泉町が明るく元気になる取り組みを進めるにあたり、一緒になって元気に盛り上げてくださる方々の応募をお持ちしています!

土湯温泉町地区では既に地域おこし協力隊が活躍しています!先輩協力隊は既に地域に馴染み、地域のフォロー体制も構築されています!

募集チラシ(PDF:1,864KB)

募集要項(ワード:44KB)

育成プログラム(1)観光交流センター(エクセル:42KB)

育成プログラム(2)どぶろく特区(エクセル:42KB)

育成プログラム(3)コミュニティカフェ(エクセル:56KB)

福島市地域おこし協力隊申込書(ワード:66KB)

誓約書(ワード:28KB)

チラシ表


チラシ裏


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部定住交流課出会い定住応援係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3739

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?