ホーム > 福島市地域おこし協力隊辞令交付式を行いました!

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

福島市地域おこし協力隊辞令交付式を行いました!

 


 

4月2日に福島市では2番目となる地域おこし協力隊の辞令交付式が行われました。

今回、地域おこし協力隊となったのは「永井康統(ながいやすのり)」隊員です。

永井隊員は神奈川県大和市から活動地域である大波地区へ移住しました。

大波地区は、米の美味しい土地柄でありますが、東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響により、今でも風評に苦しんでおります。永井隊員には米を中心とした農産物を首都圏で販売することで風評の払拭を目指す活動を主として行います。

3年間の活動スケジュールにおいては、農産物の首都圏での販売に向けた地域住民の意向や協力体制の確立、適切な出荷体制及び販路の開拓を行いながら、大波地区の農産物が新たなブランドとなるよう方策を模索します。

さらに、地域行事へも積極的に関わることとし、まつりや運動会等の行事運営にも関わっていただきます。これらの活動が軌道に乗った後には、農産物の6次化に取り組み、新たな地域特産物の開発や販売について取り組む予定です。

永井隊員からは「大波地区の方々とアイディアを出し合いながら地域を盛り上げていきたい」という抱負があり、今後の活躍に期待しています。

辞令交付永井2


 

 

辞令交付永井1

 

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部定住交流課出会い定住応援係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3739

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?