ホーム > くらし・手続き > 移住・定住 > 福島市初の地域おこし協力隊を任命しました

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

福島市初!!地域おこし協力隊辞令交付式を行いました

平成29年5月8日に福島市では初となる地域おこし協力隊の辞令交付式が行われました。今回、地域おこし協力隊となったのは「秋山亨仁(あきやまゆきひと)」隊員です。

秋山隊員は千葉県千葉市の出身で高校までを千葉で過ごした後、東京農業大学オホーツクキャンパスにてアクアバイオ学科を専攻し、水産関係について学んできました。

その後、岐阜県各務原市の民間企業へ就職しましたが、一昨年より地域おこし協力隊制度に関心を持ち、自分の知識や技術を活かせる活動場所を探していた中、本市の地域おこし協力隊に興味を持ち、今回の任命となりました。

秋山隊員は土湯温泉町にて、株式会社元気アップつちゆが再生可能エネルギーを利用したまちおこしの一環として新規で開始した、温泉熱を利用したオニテナガエビの養殖事業に携わりながら、商品化に向けた取り組みを行い、オニテナガエビを活用した温泉街の活性化を目指します。

秋山隊員からは「新しい土地に来たからには新しいことに挑戦したい。アイディアを出して土湯温泉を盛り上げ、1日でも早く福島の力になりたい」という抱負があり、今後の活躍に期待しています。

辞令交付

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民安全部定住交流課出会い定住応援係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3739

ファックス:024-533-5263

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?