ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

8.AIKOの丘

AIKOの丘

AIKOの丘
番号 8
制作者 佐藤義重
設置場所 国道13号信夫通り(置賜町福島信用金庫前)
設置年度 昭和62年度
作者解説 雲が流れて果てしなき縹渺の彼方へ。遙かなる地平の彼方が、大地と空を溶けあわせ乳紫色に霞み棚引く。いつもの丘の眺めは果てしなく広い。緑の萌え入ずる春、太陽が輝いて真白い雲の湧く夏、紅葉に色づく秋、草原も森も一面銀世界の冬、四季折々に変わる風景に思いを寄せて、乙女は未来の人生を想いて一時の緊張感に身をかたくする。「AIKO」シリーズの第7作目で、美しいモデルを賛美し、彼女の名から「AIKO」としました。彫刻美の要素となるものを余すところなく追求して、無心に制作しました。
備考 国道13号線通りキャブ工事完成記念の碑

このページに関するお問い合わせ先

都市政策部都市計画課景観係

電話番号:024-573-4979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?