ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

山火事に注意しましょう!

春先は、農作業などで火を扱うことや山菜採りなどで森林へ入る機会が増えます。また、春先この季節は空気が乾燥し山火事や野火火災が多く発生しています。

一人ひとりが森林などの緑の大切さを認識し、防火意識を高めることが最も大切ですので、次のことに注意しましょう。

  • 枯草等のある火災の起こりやすい場所では、たき火をしないこと。
  • タバコは指定された場所で喫煙し、喫煙した場合はタバコの火を必ず消すとともに、吸殻を投げ捨てないこと。
  • バーベキューなど火の使用は、指定された場所で行い、その場を離れる時は完全に消火すること。
  • 各自のゴミは、指定された場所に捨てるか持ち帰ること。
  • たき火などをする場合は、最寄りの消防署、分署、出張所へ届け出ること。
  • たき火などの火気の使用中は、周囲の可燃物の状況に十分注意するとともに消火用の水等を用意し、使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること。
  • 強風時や乾燥時には、たき火、火入れをしないこと。
  • 火遊びはしないこと。

H30yamakajibousikitune

『小さな火 大きな森を 破壊する』(平成30年山火事予防運動統一標語)

【出典:林野庁・消防庁】

 

このページに関するお問い合わせ先

消防本部予防課予防係

福島市天神町14番25号

電話番号:024-534-9103

ファックス:024-535-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?