ホーム > 震災関連・防災・安全 > 消防・救急 > 福島市消防本部 > 消防本部からのお知らせ > 平成30年秋季福島市火災予防運動を実施します!

ここから本文です。

更新日:2018年11月9日

平成30年秋季福島市火災予防運動を実施します!

火災予防運動の目的

この運動は、火災の発生しやすい時季を迎えるにあたり、市民の防火防災に関する意識や防災行動力を高めることにより、火災の発生を防止し、万が一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、本市の政策目標の一つである「ひと・暮らし・いきいきふくしま」を推進することを目的としています。

実施期間

平成30年11月9日(金曜日)から11月15日(木曜日)までの7日間

主唱

福島市消防本部、福島市消防団

推進協力機関

福島市危険物安全協会、福島市消防設備協会、福島市防火管理連絡協議会、福島県消防協会福島支部、福島市女性防火クラブ連絡協議会、福島市幼少年女性防火委員会

重点事項

住宅防火対策の推進

  1. 住宅用火災警報器の設置の徹底、適切な維持管理の周知及び経年劣化した住宅用火災警報器の交換の推進
  2. 住宅用消火器をはじめとした住宅用防災機器の普及促進
  3. 放火をはじめとした出火原因に着目した住宅防火対策の推進
  4. 高齢者の死者発生防止対策の推進

事業所の防火安全対策の推進

  1. 違反のある事業所に対する是正指導の推進
  2. 防火対象物定期点検制度及び防災管理点検報告制度の周知徹底
  3. ホテル・旅館、高齢者や障がい者等が入居する小規模福祉施設、有床診療所・病院における防火安全対策の徹底
  4. ホテル・旅館等に対する表示制度の推進
  5. 違反対象物に係る公表制度の周知

地域の防火安全対策等の推進

  1. 地域住民等が主体となった防火防災訓練の実施と参加の促進
  2. 地域の実情に即した広報の実施 

平成30年中の火災発生状況

秋季火災予防運動11月9日から11月15日まで全国一斉に実施されます。

平成30年9月までに発生した福島市の火災件数は59件(前年比8件減)で、火災による死者は3人です。 

火災種別では、建物火災が31件でトップ、次いでその他の火災(枯草火災など)が15件、車両火災が10件の順になっています。出火原因別では、放火・放火の疑いによるものが10件と最多であり、地域ぐるみで放火されない環境づくりに努めることが大切です。

 

チラシのダウンロードは、下記のファイルから

消防広告くらしの防火(JPG:491KB)

火災予防運動期間中の行事予定

平成30年秋季福島市火災予防運動行事予定については、下記のファイルをご覧ください。

 平成30年秋季福島市火災予防運動行事予定(PDF:160KB)

住宅防火いのちを守る7つのポイント~3つの習慣・4つの対策~

3つの習慣

  1.  寝たばこは絶対やめる
  2.  ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す

4つの対策

  1. 逃げ遅れを防ぐため、住宅用火災警報器を設置する
  2. 寝具、衣類、カーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する
  3. 火災を小さいうちに消すため、住宅用消火器等を設置する
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる 

住宅防火いのちを守る7つのポイント

チラシのダウンロードは、下記のファイルから

住宅防火いのちを守る7つのポイント(PDF:747KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

消防本部予防課予防係

福島市天神町14番25号

電話番号:024-534-9103

ファックス:024-535-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?