ホーム > 震災関連・防災・安全 > 消防・救急 > 福島市消防本部 > 消防本部からのお知らせ > 消防本部からのお知らせ こんろ火災にご注意

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

こんろ火災にご注意ください!

福島市では、平成28年中に発生した火災のうち、「こんろ」が原因と見られる火災が9件発生(単独の火災原因第1位)し、毎年、建物火災の主な出火原因の上位を占めています。
こんろを使用する際は、次のことに注意して安全に取扱いましょう!

てんぷら油火災に注意!

こんろのそばを離れるときは、必ず火を消す!の画像てんぷら油は約5分で180度になり、そのままにしておくと約10分後(320度)には白煙を上げはじめ、発火(360度)に至ります。
てんぷら油を加熱しているときは、こんろのそばを離れないようにしましょう。
また、電話、来客等でやむを得ず離れるときは必ず火を消すようにしましょう。

過熱防止装置付きのこんろは必ずこの装置がついている側で揚げ物などの調理をおこなう!

過熱防止装置の画像過熱防止装置てんぷらなどの揚げ物を調理するときは、油の過熱に十分注意してください。
こんろに過熱防止装置がついているときは、必ずこの装置がついている側で揚げ物などの調理をおこなってください。
買い替え時は「過熱防止装置」付きこんろにしましょう。

こんろのまわりに燃えやすい物を置かない!

こんろのまわりに燃えやすい物を置かない!の画像

こんろのまわりには燃えやすい物を置かないようにしましょう。ペットボトルやボールなどのポリエステル製品、などは特に燃えやすく危険です。

こんろは壁から離して置く!

こんろは壁から離して置く!の画像

こんろと壁の間は、離して設置しましょう。長い間にこんろの熱が壁の奥に伝わると、内部の木材が炭化して火災になることがあります。

てんぷら油火災には専用の消火器を!

てんぷら油火災には専用の消火器を!の画像

てんぷら油火災には「強化液消火器」や軽くて使いかたも簡単な強化液タイプの「エアゾール式簡易消火器具」がより効果的です。
※ハロンガスタイプのエアゾール式簡易消火器具は、冷却効果がないため、てんぷら油の火災には適していません。
ヤマトプロテック社製のエアゾール式簡易消火具の破裂事故が発生しています。
不具合により自主回収中であるエアゾール式簡易消火具については以下のホームページでご確認いただけます。

このページに関するお問い合わせ先

消防本部予防課調査係

福島市天神町14番25号

電話番号:024-534-9103

ファックス:024-535-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?