ここから本文です。

更新日:2019年4月15日

保育士等奨学資金

(1)貸付制度について

 この制度は、指定保育士養成施設並びに幼稚園教諭の普通免許状を取得するための施設(以下「養成施設等」という。)に在学している方もしくは入学を予定している方のうち、将来、福島市内の保育所等に保育士等として勤務する意思のある方に対し、本市から奨学資金を貸し付けることにより、養成施設等での修学を支援し、市内における保育士等の確保を図ることを目的としています。なお、卒業後1年以内に市内の保育所等に保育士等として就職し、継続して5年以上勤務すると、借り受けた奨学資金の返還が全額免除されます。

 

(2)奨学資金の種類

①奨学基本金(授業料その他の修学に関して必要な資金について貸し付けます。)

②入学一時金(入学金その他の入学の際に必要な資金について貸し付けます。)

 

(3)貸付対象者

①養成施設等に在学している方もしくは入学を予定している方

②市内に引き続き1年以上住所を有している方。

※市外の養成施設等に在学している方もしくは入学を予定している方は、その養成施設等に入学する目的をもって住所を移転するまで引き続き1年以上市内に住所を有していた方。

③養成施設等を卒業後、市内の保育所等において保育士等として勤務する意思がある方。

④福島市保育士等奨学資金の貸付けを過去に受けていない方。

⑤この奨学資金と同種類の奨学資金の貸付けを受けていない方。

※「市内の保育所等」とは、市内に所在する認可保育施設及び幼稚園をさします。

※「保育士等として勤務」とは、保育士や幼稚園教諭、保育教諭等に従事することです。保育所等での事務職としての勤務は該当しません。雇用形態は正規雇用に限りませんが、1日6時間以上かつ月20日以上の勤務であることが必要です。

 

(4)貸付金額

①奨学基本金

養成施設等の正規の修学期間が2年間の場合、月額5万円以内とします。

養成施設等の正規の修学期間が3年間の場合、月額3万3千円以内とします。

養成施設等の正規の修学期間が4年間の場合、月額2万5千円以内とします。

②入学一時金

40万円以内とします。

 

(5)貸付期間

 貸付期間は、正規の修学期間を限度に、貸付決定された月から養成施設等を卒業する日の属する月までとなります。ただし、休学・出席停止中は貸付けを一時停止し、復学した場合又は出席停止の処分が解かれた場合には、貸付けを再開します。

 

(6)貸付利子

 貸付利子は無利子です。

 

(7)返還の免除

 次の表の左欄に掲げる従事期間の区分に応じて、同表の右欄に掲げる額の奨学資金の返還を免除します。

従事期間 免除額
3年以上5年未満 貸し付けた額の2分の1に相当する額
5年以上 貸し付けた額の全額

 

(8)手続きについて

①申請等の手続きについては、手引きをご参照ください。

②申請受付期間

平成31年4月1日(月)~平成31年4月26日(金)必着

 

(9)様式

   福島市保育士等奨学資金貸付申請書(様式第1号(その1))(ワード:21KB)

   福島市保育士等奨学資金貸付申請書(様式第1号(その1))(記入例)(PDF:116KB)

   福島市保育士等奨学資金貸付申請書(様式第1号(その2))(ワード:22KB)

   福島市保育士等奨学資金貸付申請書(様式第1号(その2))(記入例)(PDF:112KB)

   誓約書(様式第2号)(ワード:19KB)

   誓約書(様式第2号)(記入例)(PDF:89KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部幼稚園・保育課幼保給付係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3750

ファックス:024-572-3419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?