ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 取り組みの報告 > 福島市戊辰150年記念事業ーシンポジウム「戊辰から福島の近代を考える」ー

ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

福島市戊辰150年記念事業ーシンポジウム「戊辰から福島の近代を考える」ー

 シンポジウム「戊辰から福島の近代を考える」チラシはこちらをクリックしてください(PDF:2,595KB)

 

日時

平成30年11月9日(金)14:00~16:30

会場

 こむこむ館1階 わいわいホール

 (福島市早稲町1-1)

内容

 板倉家3万石の城下町であった幕末の福島には、西軍の奥羽鎮撫総督府軍事局が長楽寺に置かれ、会津攻めの拠点として機能しました。会津藩を助けたい仙台、米沢両藩と、強硬派の総督府の下参謀・世良修蔵の思惑の相違は、福島での仙台藩士による世良の殺害、奥羽越列藩同盟の結成を招き、福島は、東北での戊辰戦争の発端の地となりました。

 幕末の政局に翻弄された福島の地は、やがて養蚕業による経済力を背景にして明治・大正期の繁栄を迎えます。

 戊辰戦争の背景はなんであったのか、福島に生きる人々は時代の結び目にどう立ち向かったのか。

 幕末史研究の第一人者である星亮一氏による戊辰戦争に関する基調講演と、関係者・市長によるシンポジウムの二部構成とし、戊辰戦争以降の福島の県都としての立ち位置をたどります。

 

申し込み方法

 

 

往復はがきの≪往信裏面≫に、

 

 ①「戊辰から福島の近代を考える」シンポジウム参加希望 

 ②郵便番号・住所

 ③氏名

 ④電話番号

 ≪返信表面≫に、郵便番号・住所・氏名 を明記のうえ、郵送でお申し込みください。(1人につき1枚)

宛先

〒960-8601 福島市五老内町3-1 

福島市教育委員会 文化課 

 

申し込み締め切り 

平成30年10月19日 (金)(当日消印有効)

 ※定員を超える申し込みがあった場合は抽選といたします。当選者には整理券を10月下旬に発送します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化課文化財係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?