ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 取り組みの報告 > 「ふくしま手織りフォーラム2016~養蚕と絹のまつり~」を開催しました!

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

「ふくしま手織りフォーラム2016~養蚕と絹のまつり~」を開催しました!

かつて福島のにぎわいを生み出し、発展の支えとなった養蚕製糸業。明治時代以降、全国的な機械化の波のなかにおいても福島では家庭での手仕事で蚕を育て、糸を取り、機織りをしていました。
福島に残る素晴らしい絹生産にまつわる文化を後世に伝えていくため「ふくしま手織りフォーラム2016~養蚕と絹のまつり~」を開催しました。

日時

平成28年7月31日(日曜日) 午前10時から午後4時まで

会場

福島市民家園 福島市上名倉字大石前地内

※江戸時代から明治時代にかけての福島県県北地方の民家や芝居小屋などを移築復原した施設。
復原した建物の多くは国、県、市指定の文化財に指定されています。
福島市民家園についての詳細は民家園ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

内容

(1)ふくしまの手織りに関する講演会

会場:旧広瀬座

トークショー「私の思い出」午前11時から午後0時まで

出演者

  • 高田ヤイさん(福島市民家園手織りの会顧問)
  • 鈴木美佐子さん(福島市民家園手織りの会会長)
  • 佐藤耕平さん(NPO法人いいざかサポーターズクラブ)

福島市で生まれ育ち、自宅で養蚕、糸取り、機織りをしてきた高田さんの思い出を中心に、かつての福島で養蚕や絹がどのように生活に根差していたのか語っていただきました!
高田さんのお母様が織られていた「八ツ橋織り」や「弓棚仕掛け」の機織り機の復原に向けた「福島市民家園手織りの会」の取り組みも紹介しました。

hiroseza

会場の「旧広瀬座」は明治時代の芝居小屋。
国指定重要文化財です。

hiroseza2

当日は多くのお客さんにご来場いただきました!

omoide

佐藤耕平さん

omoide3

高田ヤイさん(左)と鈴木美佐子さん(右)

対談「信達地方の手織り」午後2時から午後3時

出演者

  • 吉本忍さん(国立民族学博物館 名誉教授)
  • 行松啓子さん(染織作家 kぷらんにんぐ)
  • 佐藤和子さん(福島市民家園手織りの会 顧問)
  • 齋藤義弘さん(福島市教育委員会 文化課長)

手書きの図で織り方を記した「織り方手引書」の収集・研究をしてきた佐藤和子さんは、民家園での福島伝統の織りの復原に向けた取組を中心となって進めています。
復原に至るまでの道筋や思いについて、織機、染織研究の第一人者である吉本先生、行松先生の解説を交えながら語っていただきました!

sintatu

吉本忍名誉教授

sintatu

佐藤和子さん(左)と行松啓子さん(右)

(2)糸取り体験・実演

itotori

会場:旧小野家

奥州座繰り器を使って、繭からの糸取り実演・体験を行いました!

(3)さまざまな織りの実演・体験

ono

会場:旧小野家(山根好子さん)
奥州座繰り器で取った糸を使用しての絹機織り

watanabe

会場:旧渡辺家(民家園手織りの会)
裂いた布を糸のようにして織る「裂き織り」。体験も実施!

narawa

会場:旧奈良輪家(民家園手織りの会)
復原した機織り機で「八ツ橋織り」の実演。

kannno

会場:旧菅野家(民家園手織りの会)
茂庭地区で行われていた「しなだ織り」の実演。

(4)「伊達の入金真綿~ふわふわ真綿にふれてみよう~」(協力:伊達市教育委員会)

会場:旧渡辺家

蚕の繭からつくられる「真綿」に関する資料展示や体験を実施しました!
真綿を作るための道具や真綿の布団、真綿から取った「つむぎ糸」の着物など貴重な資料も展示。
下記写真の体験も実施し、大変多くの方でにぎわいました!
伊達市の養蚕・絹文化については、伊達市ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

fukuromawata

袋真綿づくり体験
桶のなかで蚕の繭をひろげ袋真綿をつくります。

tumugi

真綿つむぎ体験
真綿から糸を取り、「つむぎ糸」をつくります。

hiroge

真綿広げ体験
真綿を両端から引っ張り、伸び具合を楽しみます。

ori

真綿の糸でボード織り体験(協力:真綿手つむぎの会)
真綿から作った糸で簡単な織物に挑戦。

(5)各古民家での展示

各古民家ごとにテーマを設け、解説パネルや民具資料などの展示を行いました!

旧小野家「民家園で受け継ぐ養蚕・糸取り」

onoke

養蚕民具の展示

onoke2

当日は本物の蚕も!

旧奈良輪家「民家園に残る織りと織機」

織りや機織り機に関する解説、復原した機織り機や「八ツ橋織り」の着物を展示しました。

旧菅野家「茂庭のしなだ織り」

茂庭地区で行われていた「シナノキ」という木の皮からつくる糸を使って織る「しなだ織り」。
実際のしなだ織りで作られた製品の展示や映像作品「茂庭のしなだ織り」の上映を実施。

(6)着物作品展示「手織りの今」

会場:元客自軒

「福島市民家園手織りの会」の会員による手織り作品を展示しました。

kakuzi k2

(7)飲食店の出店

当日はお弁当やかき氷の飲食店の出店も実施しました!

obenntou kakigoori

このページに関するお問い合わせ先

市民・文化スポーツ部文化スポーツ振興室 文化振興課文化財係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?