ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 芸術文化 > 福島市制施行110周年記念事業 オペラ「乙和の椿」公演を開催します!!

ここから本文です。

更新日:2017年8月19日

福島市制施行110周年記念事業 オペラ「乙和の椿」公演を開催します!!

 福島市制施行110周年記念シンボルイベントとして、オペラ「乙和の椿」公演を下記のとおり開催します。

 オペラ「乙和の椿」は、藤原秀衡の命により源義経とともに平氏と戦った本市が誇る歴史上の偉人、佐藤継信・忠信兄弟の母・乙和を中心とした佐藤一族の忠義や絆を描いた物語です。

 オペラ制作のきっかけは平成7年に開催されたふくしま国体で、同年に初演されていますが、それから今日まで数回再演を重ねている、現代に制作されたオペラの中では稀有な作品です。

 本公演では、地元で活動するスタッフ、地元ゆかりのキャストを中心に、本市の誇る芸術ホールである音楽堂の特性を生かした新しい演出で、本市ならではのオリジナリティー溢れるオペラを目指しています。

乙和の椿表    乙和の椿裏

 チラシデータ(PDF:2,012KB)

公演概要

1.公演名 福島市制施行110周年記念事業 福島商工会議所100周年記念事業 福島オペラ協会20周年記念事業 オペラ「乙和の椿」公演

2.日時 平成29年9月23日(土曜日) 17時30分開場 18時30分開演

3.場所 福島市音楽堂大ホール

4.主催 福島市制施行110周年記念事業 オペラ「乙和の椿」公演実行委員会 福島市 福島市教育委員会

5.共催 福島商工会議所 福島オペラ協会 公益財団法人福島市振興公社

チケット料金

S席(指定)6,000円

A席(指定)5,000円

B席(自由)4,000円

学生席(B席のみ・自由)2,000円

プレイガイド

1.福島市音楽堂(福島市入江町1-1)窓口 9時から21時まで

2.チケットぴあ(Pコード339-708)

3.ローソンチケット(Lコード21457)

4.福島市教育委員会文化課(福島市五老内町3-1 福島市役所8階)窓口 平日8時30分から17時15分まで

キャスト(敬称略)

高橋啓三(佐藤基治役)

大倉由紀枝(乙和役)

國分雅人(佐藤継信役)

横田逸朗(佐藤忠信役)

渡部史子(若桜)

深澤麻貴子(楓)

樋口達哉(源義経)

菅野宏昭(武蔵坊弁慶)

今尾滋(山伏一)

佐藤一成(山伏二)

主なスタッフ(敬称略)

制作プロデューサー 三浦尚之・高橋啓三

演出家・芸術監督 竹沢嘉明

指揮 高橋裕之

美術 渡邊晃一

衣装・グラフィックデザイン 加賀田恭子

舞台監督 水谷翔子

照明 続橋円

オペラ「乙和の椿」について

1.作曲 原嘉壽子

2.原作 北篤

3.台本 中村栄

4.内容 福島市飯坂の医王寺には、花が開かずつぼみのまま落ちてしまう椿があるが、それが源義経の身代わりになって死んだ本市が誇る歴史的な偉人、佐藤継信・忠信兄弟の母・乙和の悲しみを表しているとのいわれがあり、「乙和の椿」と呼ばれている。本オペラは、その伝説をもとにした、佐藤一族の絆を描いた物語である。

本公演への協賛について

 本公演へ協賛いただける企業・個人の方を募集しています。詳細は下記ページをご覧ください。

市制施行110周年記念事業 オペラ「乙和の椿」公演にご協賛いただける方を募集します!!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局文化課文化振興係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3785

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?