ホーム > くらし・手続き > 男女共同参画 > 令和2年度 Women’s Innovation College in ふくしま(女性が輝くまちづくり推進事業)を実施しました

ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

令和2年度 Women’s Innovation College in ふくしま(女性が輝くまちづくり推進事業)

 女性が輝くまちづくりのために、毎年開催している「Women’s Innovation College in ふくしま」。
 令和2年度は、「HAPPYな働きかた・生きかた」をテーマに4回シリーズの講座を開催しました。
 この講座では、様々な業種のかたがたにご参加いただき、女性活躍に力を入れている企業から、
その取り組みを直接語っていただくとともに、受講生の意見交換を通して女性の活躍推進のために
何に取り組むべきか課題について学びました。
 第4回目の最終回では、企業の代表者のみなさんの前で、女性がもっと活躍するための職場づくりや
HAPPYな働きかた・生きかたを実現できるための方法についての提案発表をおこない、
聴講者のみなさんからもアドバイスなどをいただき、
会場一体となって女性活躍推進のための課題を共有することができました。
 ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました!

ウィメンズ イノベーション カレッジ イン ふくしま(受講生募集チラシ)(PDF:937KB)

カリキュラム

 

講座カリキュラム
  日時 場所 内容
第1回  8月27日(木曜日)
14時30分から17時
 男女共同参画センター ・女性活躍企業の取り組み
・みんなの「モヤモヤ」語り合おう
第2回  9月25日(金曜日)
14時30分から17時
 男女共同参画センター HAPPYな働きかた・生きかたの
イメージを膨らませよう
第3回 10月16日(金曜日)
14時30分から17時
 男女共同参画センター HAPPYな働きかた・生きかたを
叶えるために必要なことは
第4回
〈公開〉
11月19日(木曜日)
14時30分から17時
アクティブシニアセンター
アオウゼ
・働く女性を応援する企業の登場
・提案発表
・キラキラ交流会


講師の紹介

稲村理紗(いなむら りさ)さん

まちづくりファシリテーター
稲村理紗さんの顔写真

プロフィール

 山形県地域コミュニティアドバイザー派遣事業アドバイザー登録講師。
NPO法人まちづくり学校会員。山形ファシリテーションネットワーク会員。
 秋田南高校卒業後新潟大学へ進学。生涯学習・社会教育を学ぶ傍ら、子どもの居場所づくりなどの市民活動に携わる。
 卒業後秋田に帰郷。秋田市の市民活動支援アドバイザーに就任し、市民活動に関する相談業務や講座の企画に10年間従事。
 2016年より山形市に移住。主に住民主体のまちづくりワークショップのファシリテーターや
まちづくりに関する研修講師として東北を中心に活動している。

横田智史(よこた さとし)さん

株式会社ペンギンエデュケーション代表取締役
横田智史さん

プロフィール

 大学卒業後、障がい児教育に携わり、その後学習塾の塾長を務める。
 宮城県にある4つの保育園の統括園長兼保育事業部長を経て、2016年4月に株式会社ペンギンエデュケーションを設立。
 2017年2月にはペンギンインターナショナルスクール(英語保育園)を開所。同園の園長も兼任。
 保育・教育現場のマネージメント業務のかたわら、保育園開園コンサルタントとしても活動。
 さらに、講演活動を通じた子育て支援活動をおこなっている。
 NPO法人OYAKODOふくしま代表理事、NPO法人ファザーリング・ジャパン東北代表理事も兼任。

各回の内容

第1回(女性活躍企業の取り組み・みんなの「モヤモヤ」語り合おう)

講義

 

ウィメンズ取り組み発表 

女性活躍、働き方改革、ダイバーシティ推進への取り組みをご紹介いただきました。

  • 株式会社ももがある 代表取締役 齋藤由芙子 さん
  • 株式会社こんの 代表取締役社長 紺野道昭 さん 

ワークショップ

 

ウィメンズ第1回の様子1

ウィメンズ第1回の様子2

ウィメンズ第1回の様子3
仕事をする中で「私が大切に思っていること」をカードを使って順位付け。
達成、愛他性、環境など14種類のカードがある中、一番多かったカードは「ライフスタイル」でした。

第2回(HAPPYな働きかた・生きかたのイメージを膨らませよう)

 

ウィメンズ第2回の様子1

ウィメンズ第2回の様子2

ウィメンズ第2回の様子3
受講生それぞれが考えてみたいテーマを出し合い、グループを結成!
現状や背景、理想像やありたい姿を共有。
悩みを共感したり、自社の取り組みからアドバイスをしたりと、活発に意見交換。
ワークシートいっぱいに意見が出ました。

第3回(HAPPYな働きかた・生きかたを叶えるために必要なことは)


ウィメンズ第3回の様子1

ウィメンズ第3回の様子2

ウィメンズ第3回の様子3
第4回の提案発表にむけて、真剣に、でもワイワイとまとめに入っていきました。
中間発表後は、ほかのグループからのアドバイスもあり、さらに内容の濃い提案になる予感・・・。

第4回(働く女性応援企業の取り組み紹介・提案発表・キラキラ交流会)

働く女性応援企業の取り組み紹介

 平成27年度より女性の活躍や男女がともに働きやすい職場環境づくりを積極的におこなう中小企業と、
障がい者への雇用を積極的に取り組む中小企業の認証事業を実施しています。
 当日は、働く女性応援企業としてすでに認証されています、タカラ印刷株式会社 代表取締役 林善克様と
株式会社三本杉ジオテック 代表取締役 三本杉裕様から取り組みをご紹介いただきました。
タカラ印刷株式会社様の発表 三本杉ジオテック様の発表
※「働く女性応援認証企業・障がい者雇用推進認証企業」専用ページ

提案発表

これまでのワークショップでグループごとにまとめた「HAPPYな働きかた・生きかた」への提案を発表しました。

提案発表
グループ名 テーマ
1グループ 始めよう!より輝くためにできること
ー勤務形態の多様性と職場環境ー
2グループ 心と身体がHAPPYな働きかた
3グループ 輝ける!令和の100年ライフプラン

「HAPPYな働きかた・生きかた」提案書(PDF:667KB) 

いちグループの発表
1グループの発表

にグループの発表
2グループの発表

さんグループの発表
3グループの発表
日々の業務がある中、資料作成に一生懸命取り組んだ成果をここで発揮していただきました。受講生に拍手です!

 

コメントシート
聴講者のみなさんからのコメントシートには、たくさんのアドバイスや激励の言葉をいただきました。

コメントの一部

  • 制度があっても周知度が低く、現実的に活用できないことを改善するため、情報の定期的発信は周囲の理解度も上がり、効果的と感じました。
  • 人間関係がやはり、働く上で大きなシェアを占めていることと、その改善の必要性、重要性を再認識しました。
  • モヤモヤからの分析と具体的な内容が素晴らしかったです。提案内容が採用されたら、個人も社会も活き活きできそうですね!

 

集合写真
受講生全員に福島市長より修了証書を授与後、記念の一枚。
合言葉はもちろん「ハイ、ピーチ」カシャ!
(最前列左から2人目より講師の横田智史様、稲村理紗様、福島市長、
タカラ印刷株式会社の林善克様、株式会社三本杉ジオテックの三本杉裕様)

キラキラ交流会

キラキラ交流会

キラキラ交流会じゃんけん王

講師の稲村理紗さんと横田智史さん、本講座の受講生、企業のみなさんと参加者全員で交流タイム!
福島や男女共同参画にまつわるクイズ大会も実施しました。

 

 女性がもっと活躍できるためには、HAPPYを感じることができるためには何か必要か、働く女性のみなさんに発表いただきました。
これで終わりではなく、会場にお越しいただきました、会社の上司や同僚、学生、市長、いろいろな境遇で生活している聴講者のみなさんからもたくさんのアドバイスや質問をいただき、会場一体となって、今日のテーマを考えることができました。
 今後も女性が輝くまちの実現に向け、女性活躍推進に関する情報や交流の機会を提供できるよう努めてまいります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

総務部男女共同参画センター

福島市本町2番6号 2階から4階

電話番号:024-525-3784

ファックス:024-522-1528

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?