ホーム > 子育て・教育 > 生涯学習・社会教育 > 生涯学習・社会教育に関わる事業・計画 > 平成30年度 子育て支援ボランティア養成講座が開催されました

ここから本文です。

更新日:2018年11月30日

平成30年度 子育て支援ボランティア養成講座が開催されました    

講座チラシ(PDF:333KB)

1回目:9/6(木)13:00~15:00 

    ◆「子どもの発達について考えよう」 福島大学人間発達文化学類教授  原野 明子 氏
  ◆ ワークショップ「子育て支援のすばらしさとその課題」

 昨年度に引き続き、原野先生の講話が行われました。「虐待」「生育環境」「発達段階」という視点から、子育て支援の重要性をわかりやすく丁寧に講義していただいた。また、後半のワークショップでは、受講生が5グループにわかれそれぞれ日頃の悩みや今後の子育て支援の在り方について、積極的に意見交換ができました。                            kobora1-1  kobora1-2   kobora1-3          

  2回目: 9/13(木)10:00~11:30

 ◆スキルアップ研修 「乳幼児の救急講座」 乳幼児に起こりやすい事故とその対応
   日本赤十字社福島県支部幼児安全法指導員  浅野 清史 氏

 

 日赤の幼児安全法指導員 浅野清史氏による救急救命講習が行われました。人形(乳児・幼児)AEDトレーナーを準備し受講者全員が心肺蘇生とAEDを用いた除細動、気道異物除去を体験しましたが、乳幼児に対しての講習は初めての方が多く、緊張感を持った講習となりました。修了後は一人一人に日本赤十字社の受講証が手渡され、受講生は乳幼児の救急救命に対する認識を新たにしました。

   心肺蘇生1  心肺蘇生2  心肺蘇生3 

 

3回目:9/19(水)10:00~12:00

 ◆見学学習  子育て支援の現場を学ぶ  「親と子の広場」「おもちゃ広場」 
 ◆実技研修 「折り紙教室」  子育て応援団                                       ◆講  話 「子育て支援の現状を学ぶ」  こども政策課主任保育士 細野 千佳
  

  子育て応援団の会長による活動報告と受講後の登録方法の説明、副会長による工作教室が行われました。その後、同施設内で行われている子育て広場とおもちゃ広場の見学があり、初めて参加した受講者にとっては、子育て支援ボランティアの具体的な姿がイメージされ効果的な内容になりました。後半は、こども政策課細野主任保育士から、福島市子育て相談センター等の仕組みや相談内容をもとにした子育ての現状についての報告があり、女性の就労・経済状況の不安定さ・子育ての悩み等複合的な課題を解決するため、市としても努力していくメッセージが伝えられました。

           子育て応援団1    子育て応援団2  

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係

福島県福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3783

ファックス:024-536-2128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?