ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみの減量・リサイクル > お知らせ(講座・イベント・その他) > オンライン食品ロス削減講演会「めざせ美人冷蔵庫!食品ロスをなくす冷蔵庫整理収納術」の開催結果

ここから本文です。

更新日:2022年3月4日

オンライン食品ロス削減講演会
「めざせ美人冷蔵庫!食品ロスをなくす冷蔵庫整理収納術」の開催結果


 

冷蔵庫を整理整頓し、食品の保存方法等を工夫することで、食品ロスを減らすことができるオンライン講演会「めざせ美人冷蔵庫!食品ロスをなくす冷蔵庫整理収納術」を開催しました。

こちらは、視聴者を募集した時のチラシです!

↓↓↓                                      

 ちらし2

講師

福島市食品ロスアドバイザー 福田 かずみ 先生

(プロフィール)

全国料理学校協会の認定講師、服部栄養専門学校にて食育を学び料理家として活動。
その後、ストレスフリーの冷蔵庫整理収納術を構築。WEBサイト【美人冷蔵庫ライフ】を立ち上げ、料理家から冷蔵庫収納家に転身し、TV、雑誌等の各種メディアで活躍。
近年、“食品ロス”をなくす講演会等の啓発活動に積極的に取り組んでおり、令和3年4月に福島市食品ロス削減アドバイザーに就任。

開催日時

令和4年1月16日  (日曜日) 午後2時から3時

※令和4年1月21日(金曜日)から令和4年1月31日(日曜日) 講演会の模様を見逃し配信(YouTube)

開催方法

Zoom Live配信

申込者

福島市内にお住まいの方 94名 

視聴された皆さんの感想

視聴された皆さんからたくさんの感想をいただきましたので、紹介させていただきます。

講演会を視聴して、私でもできそうと思った食品ロス削減ランキング!

1位 冷蔵庫内を、開封済み専用ケースを使用したり、使いかけ食材のエリアを決めて整理する

2位 冷蔵庫内を、定番品と臨時品に分けて整理する

3位 食材を買いすぎない

4位 開封した食材に、開封日を記入する

5位 野菜の皮むきなどをするときに、過剰除去に気を付ける

6位 冷凍庫を、ブックエンドでたて収納する

6位 野菜類は冷凍活用する 

8位 冷蔵庫の棚ごとに賞味期限(消費期限)を分ける

9位 冷蔵庫内の写真をとる

10位 食品ロスダイアリーをつけてみる

主な感想

・さっそく、やってみようと思える内容ばかりで、とても参考になりました。食品ロスをなくす目標に向け、冷蔵庫の整理収納を頑張っていこうと、やる気がでる講義で、とてもありがたかったです。

・先生のbeforeとafterの冷蔵庫の写真があり、具体的に食品の保存の仕方がわかりやすかったです。自分でも改善できそうなことがたくさんあり、実践してみたいと思いました。

・冷蔵庫自体にはあまりストックは有りませんが、冬で雪で寒くて買い物にいくのが、面倒でつい冷凍庫がいっぱいになってしまいます。そうなると、料理のバランスが悪く(すごく豪華だったり、質素だったり・・・)野菜特にキャベツ命の我が家では冷凍しておくと使える!と思いました。白菜・ネギこの2野菜も上手に使い切りコロナ巣ごもり続行中を上手く無駄なくストレスなく過ごして行きたいと思いました。冷蔵庫のトレイも使ってはいるので、もう少し効率的に見た目スッキリ綺麗にしたいと思いました。

・改めて食品ロスを考える事もできたし、先生が実際行なっている事(残り野菜でのスープを作るなど)も見ててもわかりやすく、実践しやすいと感じました。

・野菜の皮の活用法や、定番品・臨時品の分けての収納、キャベツはそのまま冷凍可能など、とても参考になりました。早速写真を撮って、できる所から始めてみたいと思います。為になる講演、ありがとうございました。

・今回福田先生に教わったことを学校で広め、ごみ減量、食品ロス削減につなぎていきたいです。

・ケースは使用してましたが中身が見えないので、在庫の把握がしにくいです。もう一手間でラベリングに挑戦したいと思いました。

・冷蔵庫の中がいっぱいで奥の方に消費期限切れのものが隠れていたりと何度も失敗をしているので、今回の講演はとても参考になりました。講演終了後にすぐ冷蔵庫の写真を撮りました!今は定番品を見つけて整理に入った段階ですが、使いやすい冷蔵庫にして食品ロスを減らしたいと思います。

・お弁当などで少しずつ残ってしまうお惣菜をどの様に冷蔵庫におさめたらいいでしょうか? ➡ 福田先生からのコメント「お惣菜は、早めに消費を心掛けたいですので、手の届きやすい棚に。一目でわかるガラスの容器があればおすすめします。おかずの種類にもよりますが、ご家庭でも、お弁当用のシリコンカップなどで小分けにして保存してみてはいかがでしょうか。最後まで美味しくいただきますように。」

・作りおきの調味料。 ➡ 福田先生からのコメント「作りおきの調味料は、ジャムなどの空き瓶があれば利用して。中身が一目でわかるように、ラベリングをします。保存した日付も記入しておきましょう。

・卵のケースは?どうして12個?なのでしようか。 ➡ 福田先生からのコメント「おそらく、前回買った卵の残り2個+新しく購入した卵10個、合わせて12個なのだと思います。」

・今後、購入する冷蔵庫は何を基準に考えて購入したら良いですか? ➡ 福田先生からのコメント「一番の決め手は、野菜室の位置になります。生の野菜から料理をすることが多い場合は、足腰の負担を考え野菜室が上にある冷蔵庫が良いでしょう。また、今お使いの冷蔵庫の配置と同じもののほうが、ストレスを感じない方が多いようです。その他、現在使いにくい点をピックアップして、家電量販店に下見に行くと良いですね。一度購入すると、長くお付き合いする冷蔵庫です。冷蔵庫選びには、ぜひ時間をかけて、ご自身の食生活にあった冷蔵庫を見つけてほしいと思います。」

・定番品を定位置に固定し、ゆとりスペースを設けることは今すぐにでも実行しようと思います。使いかけの食品については専用容器は設置せず、真空チルドに入れてました。なんとなく実行できていた?!のかと思います。冷蔵庫の棚は1つ外し、夏は朝のお味噌汁など鍋ごと冷蔵庫に入れてました。この使い方で良かったのか、冷蔵庫のトリセツもしっかり読もうと思いますが、福田先生にもご意見伺いたいです。 ➡ 福田先生からのコメント「ご自身の食生活にあわせ、冷蔵庫収納を工夫されているご様子、とても良いと思います。」

 

このページに関するお問い合わせ先

環境部ごみ減量推進課ごみ減量推進係

電話番号:024-525-3744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?