ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

集団資源回収報奨金制度

福島市では、限りある資源を大切にするとともに、ごみの減量化を図ることを目的に、町内会・PTA・子供会などの市民団体が自主的に実施する資源物の集団回収を奨励するため、一定の条件をもとに報奨金を交付しています。

対象となる団体

対象となる団体は、自主的に資源ごみの集団回収を実施する市民団体で、次の各号のいずれにも該当しなければなりません。

  1. 地域住民で構成する団体であること
  2. 回収を定期的に実施する団体であること
  3. 営業を目的としない団体であること

資源回収品目

資源回収品目は次のとおりです。

  1. 古紙(新聞紙・雑誌・段ボール・紙パック)
  2. 繊維類(衣類)
  3. びん類
  4. 金属類(非鉄)

報奨金の額

報奨金の額は、資源回収重量1キログラム当たり5円です。
※年間限度額50万円

申請手続き

申請手続きは次のとおりです。

申請手続きイメージ

1)団体登録

毎年4月から次年度の受け付けをおこないます。年度途中の登録も随時受け付けます。「集団資源回収団体登録申請書」に報奨金振込口座の通帳の写し(表紙・見開き)を添付し、提出してください。「手続きの際の留意事項」もお読みの上、ご提出ください。


 集団資源回収団体登録申請書(PDF:128KB)
 集団資源回収団体登録申請書(ワード:50KB)
 集団資源回収団体登録申請書 記入例(PDF:200KB)

2)売却

資源回収の日時等を回収業者と協議のうえ実施し、回収品を売却してください。

3)代金・引取伝票

資源回収業者が記入した「集団資源回収集荷引取伝票」2枚(市提出用・団体控)と売却代金を受け取ってください。

4)実績報告

「集団資源回収実績報告書」に「集団資源回収集荷引取伝票(4)団体奨励金申請用〕」を添付し、提出してください。
手続きの際の留意事項」もお読みの上、ご提出ください。

   集団資源回収実績報告書(PDF:117KB)
 集団資源回収実績報告書(ワード:47KB)
 集団資源回収実績報告書 記入例(PDF:75KB)

提出期限は次のとおりです。

実施月 提出期限 振込予定
令和4年4月から6月まで 令和4年7月1日 令和4年8月下旬
令和4年7月から9月まで 令和4年10月7日 令和4年11月下旬
令和4年10月から12月まで 令和5年1月6日 令和5年2月下旬
令和5年1月から2月まで 令和5年3月3日 令和5年3月下旬
令和5年3月実施分及び当該年度内実施分で未報告分 令和5年4月5日 令和5年5月下旬

5)報奨金交付

 

「集団資源回収実績報告書」の内容を審査のうえ、報奨金を団体登録申請書の口座へ交付いたします。なお、振込通知は送付しませんので、通帳を記帳してご確認ください。

 

6)登録事項の変更

集団資源回収団体登録申請書で申請いただいた内容に変更が生じた場合は、登録事項変更届の提出が必要となります。
報奨金の振込先口座や名義が変更になった際は、報奨金振込口座の通帳の写し(表紙・見開き)も添付し、提出してください。「手続きの際の留意事項」もお読みの上、ご提出ください。


 集団資源回収登録事項変更届(PDF:124KB)
 集団資源回収登録事項変更届(ワード:47KB)

書類の提出先

報奨金に関する書類の取扱先は、次のとおりとなっています。

環境部ごみ減量推進課及び各支所窓口

手続きの際の留意事項

  1. はんこは、朱肉を用いて押印してください。シャチハタ等のスタンプ印は使用しないでください。
  2. 代表者のはんこは、代表者の私印または、団体の代表印(~町会長印など)で押印してください。
  3. 申請書や実績報告書などを書き損じた場合は、二重線で訂正し、修正液や修正テープ、砂消しゴムなどは使用しないでください。
  4. 消えるボールペン(フリクションなど)は使用しないでください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部ごみ減量推進課ごみ減量推進係

電話番号:024-525-3744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?