ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 産業廃棄物 > 産業廃棄物多量排出事業者の処理計画及び実施状況の報告について

ここから本文です。

更新日:2018年4月16日

産業廃棄物多量排出事業者の処理計画及び実施状況の報告について

前年度の産業廃棄物の排出量が1,000トン以上である事業場設置している事業者または前年度の特別管理産業廃棄物の排出量が50トン以上である事業場を設置している事業者の皆様には産業廃棄物の処理計画書の提出が義務づけられています。期限までに忘れずに提出してください。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「法」という。)第12条第9項及び第12条の2第10項の規定により、事業活動に伴い多量の産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物を生じる事業場を設置している事業者のうち下記の対象事業者に該当する場合には、当該事業場に係る産業廃棄物等の減量その他その処理に関する計画を策定し、毎年6月30日までに福島市長に提出する義務があります。

また、前年度に産業廃棄物処理計画書を提出した事業者は、今年度の産業廃棄物処理計画書の提出義務の有無に関わらず、実施状況報告書を提出する必要があります。

なお、作成及び提出義務を怠った場合は、20万円以下の過料に処されますのでご留意ください。

注:これまで、福島市内の事業者の皆様は、福島県県北地方振興局が計画書等の提出先となっておりましたが、福島市が平成30年4月1日をもって中核市へ移行したことに伴い、これからは福島市が提出先となりますのでご留意願います。

注:平成29年6月の法改正(施行日:平成32年4月1日)により、前々年度の特別管理産業廃棄物の発生量が年間50トン以上(PCB廃棄物を除く)の事業場を設置する事業者は電子マニフェストの使用が義務付けられることから、該当することとなった場合は遅滞なく電子マニフェストを導入してください。

対象事業者

1.前年度の産業廃棄物の排出量が1,000トン以上である事業場を設置している事業者
2.前年度の特別管理産業廃棄物の排出量が50トン以上である事業場を設置している事業者

注:どちらも福島市内の事業場のみが対象となり、建設工事等の場合は、福島市内の各工事現場等における排出量を合算したものが対象となります。

注:提出年度において、前年度の産業廃棄物の排出量が1,000トン以上(特別管理産業廃棄物である場合は50トン以上)である事業場が閉鎖などの理由により存在しない場合は、廃棄物対策課までお問い合わせください。

提出方法

持参、郵送またはE-mail

注:受領印が必要な場合は、正本と副本の2部をご提出ください(郵送の場合は返信用封筒を同封してください)。

注:代表者印や会社印、個人印等は押印しないでください。また、個人情報に該当する内容(社員の個人名等)は記載しないでください。(法の規定上、市ホームページで公表することとなるため。)

提出先

〒960-8601

福島市五老内町3-1

福島市役所環境部廃棄物対策課管理係

Eメール:haikitaisaku@mail.city.fukushima.fukushima.jp

公表

処理計画及び実施状況報告の公表は、市ホームページで行います。

昨年度の公表内容は、福島県ホームページでご確認願います。

様式

外部リンク

環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課が
「多量排出事業者による産業廃棄物処理計画及び産業廃棄物処理計画実施状況報告策定マニュアル」(外部サイトへリンク)を策定していますので、こちらも参考にしてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部廃棄物対策課管理係

電話番号:024-529-5266

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?