ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 熱中症を予防しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

熱中症を予防しましょう!

熱中症は「気づく」ことで防げます

熱中症は、高温多湿な環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり起こります。

夏の強い日差しの下で過ごす時に起こるだけではなく、暑さに慣れていない時期や室内でも発症します。

熱中症について正しい知識を持ち、危険性や症状に「気づく」ことで、熱中症を予防しましょう。

熱中症が起こりやすい環境・なりやすい人

熱中症は「気温が高い」「湿度が高い」「風が弱い」「急に暑くなった」などの環境で起こりやすくなります。

また、「乳幼児」「高齢者」「肥満傾向の人」「体調の悪い人」「持病のある人」「暑さに慣れていない人」などがなりやすい人として特に注意が必要です。

熱中症の症状

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう。

  • 軽度:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
  • 中等度:頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感
  • 重度:意識がない、けいれん、体温が高い、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない

熱中症の予防方法

1.日常生活での注意点

(1)暑さを避けましょう

室内で過ごすときはエアコンや扇風機を上手に使用し、涼しく過ごしましょう。室温計や湿度計の利用もオススメです。

屋外で過ごす時もこまめに休憩をとったり、帽子や日傘を使い熱や日差しから体を守りましょう。

通気性のよいゆったりとした涼しい服装で過ごすと、体感温度が下がり効果的です。

(2)こまめに水分補給をしましょう

のどが渇く前に、こまめに水分を補給しましょう。

入浴時や睡眠中も汗をかくため、入浴前後や起床後も水分補給をしましょう。

外出時も水分補給ができるよう、飲み物を持ち歩くことも大切です。

(過度の飲酒は脱水を起こしやすくなりますので、水分摂取にはなりません)

(3)暑さに備えた体づくりをしましょう

日ごろから適度に汗をかく習慣を身につけて、少しずつ体を慣らしておきましょう。

(4)日ごろから体調に気を配りましょう

低栄養の方、寝不足の方、二日酔いの方は熱中症になりやすくなります。

バランスの良い食事を3食とり十分な睡眠がとれるよう、生活リズムを整えることに努めましょう。

また、自分自身はもちろん、家族やまわりの方々でお互いに声をかけあい、熱中症を防ぎましょう。

 

2.運動時の注意点

運動時は体(筋肉)が熱を発するため、熱中症の危険がより高まります。気温や湿度が高い中で運動する際には、上記の注意点に加え、以下の熱中症対策を心がけましょう。

(1)環境条件(気温・湿度・風速・直射日光など)に応じて、運動の内容や時間を調節しましょう。

(2)急に暑くなった日は特に注意し、徐々に暑さに慣らすようにしましょう。

(3)休憩をこまめにとり、水分はもちろん、汗で失われる塩分も補給しましょう。

(4)具合が悪くなったときは、早めに運動を中止して必要な措置をとりましょう。

熱中症になったときの対応方法

もし熱中症かなと思うサインがあったときは、すぐに応急処置を行い、場合によっては救急車を呼ぶなどして医療機関に連れていきましょう。

~応急処置の3つのポイント~

1.涼しい場所へ移動しましょう

2.衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう(体に水をかけうちわなど仰いだり、首や脇、足の付け根などを冷やします)

3.塩分や水分を補給しましょう(スポーツドリンクなどを飲ませましょう。おう吐症状がある場合や意識がない場合は無理に水分を飲ませることはやめましょう)

 

熱中症情報へのリンク

環境省熱中症予防情報サイト→環境省(外部サイトへリンク)のサイトへ

日本気象協会→日本気象協会(外部サイトへリンク)のサイトへ

厚生労働省「熱中症予防のために」→厚労省(外部サイトへリンク)のサイトへ

厚生労働省「職場における熱中症予防対策」→厚労省(外部サイトへリンク)のサイトへ

パンフレット(厚労省)「熱中症予防のために」(外部サイトへリンク)

パンフレット(厚労省)「熱中症~思い当たることはありませんか?~」(外部サイトへリンク)

パンフレット(環境省)「熱中症~ご存じですか?予防・対処法~」(外部サイトへリンク)

福島市消防本部→消防本部からのお知らせ

 

 

 

 

 





Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所健康推進課

電話番号:024-572-3120

ファックス:024-525-5701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?