ホーム > くらし・手続き > ペット・動物 > 必ず受けましょう!狂犬病予防注射

ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

必ず受けましょう!狂犬病予防注射

 狂犬病予防法によって生後91日以上の犬は生涯一度の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。

 狂犬病は、犬だけでなく人間や他の動物にもうつる感染症で致死率が高く、非常に恐ろしい病気です。

 楽しく犬と暮らすために、必ず予防注射を受けましょう。

 ※飼い犬の体調がすぐれない場合には、かかりつけの動物病院へご相談ください。

令和2年度狂犬病予防注射

 ※【重要】新型コロナウィルス感染症について

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への感染拡大を防止するため、ご来場の際は、マスクの着用など咳エチケットにご協力いただき、犬を制御できる方を含めて最少人数でお越しくださいますようお願いいたします。また、発熱等の症状がある方については、ご来場を自粛していただきますようお願いいたします。(狂犬病予防接種は動物病院でも接種が可能です)なお、今後の動向次第では延期や中止になる場合もありますので、その際にはホームぺージ等でお知らせいたします。

 

  令和2年度の狂犬病予防集合注射の日程は下記のとおりです。

 ※各地区の会場で予防注射を受けられなかった場合は、かかりつけの動物病院などで予防注射を受けてください。

 なお、動物病院によって料金が異なる場合があります。 

日程(令和2年4月)

令和2年度集合注射日程はこちら(PDF:136KB)

 料金

3,250円

※つり銭のないようにご協力ください。

注意事項

  •  飼い犬に次の症状がある場合には、会場の獣医師へご相談くだいさい。(食欲・元気がない、下痢・おう吐している、現在病気療養中である、発情中・妊娠中・授乳中である、3週間以内に他のワクチンを接種した、過去に予防注射で具合が悪くなったことがある、過去にけいれん発作などを起こしたことがある)
  • 注射には、犬を制御できる方が連れて来てください。
  • 注射会場でのフンも、必ず持ち帰って処理をしてください。

その他

  • 未登録の犬が注射を受ける場合には、登録手数料3,000円が別途必要です。
  • 領収書が必要な方はお申し出ください。
  • 犬の所在地や所有者及び住所が変わった場合や、犬が死亡した場合にも必ず届け出が必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所衛生課動物愛護係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-597-6409

ファックス:024-533-3315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?