ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・医療 > B型肝炎特別措置法に基づく給付金について

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

B型肝炎特別措置法に基づく給付金について

昭和23年から63年までの間で、満7歳になるまでに集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けた方は、B型肝炎ウイルス感染の可能性があります。

これらの集団予防接種等により、B型肝炎ウイルスに感染された方(これらの方々の相続人を含みます。)に、病態に応じて50万円から3,600万円の給付金等を支給する仕組みがあります。

詳しくは、下記の政府広報オンラインをご覧ください。

政府広報オンライン(外部サイトへリンク)

訴訟(和解手続など)に関するお問い合わせ

厚生労働省健康局結核感染症課B型肝炎訴訟対策室
専用ダイヤル:03-3595-2252(直通)
受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

B型肝炎訴訟に関する厚生労働省ウェブサイト(外部サイトへリンク)

和解後の給付金の請求手続に関するお問い合わせ

社会保険診療報酬支払基金 給付金など支給相談窓口
電話:フリーダイヤル 0120-918-027

リーフレットのダウンロード

  • リーフレット(A4サイズ)
  • LeafletB5(B5サイズ表面)
  • LeafletB5(B5サイズ裏面)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所健康推進課感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

ファックス:024-525-5701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?