ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症・医療 > 9月24日~30日は結核予防週間です

ここから本文です。

更新日:2018年11月19日

9月24日(月曜日)~30日(日曜日)は結核予防週間です!

 福島市では結核予防週間に併せて、結核への関心が高まるよう、普及啓発活動を行っております。

 1年に1度は健康診断を受けましょう。

結核とは?

結核とは、結核菌によって主に肺に炎症が起こる病気です。結核は昔の病気と思われがちですが、今でも1日50人の新しい患者が発生している日本の重大な感染症です。平成29年、福島県内では138名の方が、福島市内では26名の方が新たに結核を発症しています。

近年では、結核患者の多くを高齢者が占め、新たに結核患者として登録される方のうち、80歳以上の方の割合が約4割(70歳以上の方の割合は約6割)に上っています。

結核の感染

 結核は咳やくしゃみなどの空気感染によって感染します。結核菌の混ざったしぶきが、咳やくしゃみの際に空気中に飛び散り、それを直接吸い込むことで感染します。

 最初は風邪に似た症状で始まりますが、下記にあてはまる場合には早めに受診しましょう。

 ・痰のからむ咳が2週間以上続いている

 ・微熱、身体のだるさが2週間以上続いている

 高齢者の場合は、上記の症状が出ないことがあり、気づかないうちに進行してしまうことがあります。

健康診断を受けましょう!

 早期発見は本人の重症化を防ぐためだけでなく、大切な家族や友人、職場などへの感染を防ぐためにも重要です。

 症状がなくても、毎年定期的に健診を受けるなど、1年に1度は胸のレントゲン検査を受けましょう。

【関連情報】

公益財団法人結核予防会(結核の常識2018)(外部サイトへリンク)

厚生労働省(結核について)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所健康推進課感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

ファックス:024-525-5701

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?