ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 食品衛生 > 食中毒等に関するお知らせ > 牛の肝臓(レバー)を生食用として販売・提供することは禁止されています

ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

牛の肝臓(レバー)を生食用として販売・提供することは禁止されています

 平成24年7月1日から、牛のレバーを生食用として販売・提供することは禁止されています(加熱用の牛レバーはこれまで通り販売できます)。
 これは、現状では牛のレバーを安全に生で食べるための方法が無く、生で食べてしまった場合、腸管出血性大腸菌等による食中毒の発生が避けられないためです。
 腸管出血性大腸菌については、少量の菌でも食中毒を引き起こし、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症などを併発して重症化する場合があり、死亡事例も報告されています。
 食品を取り扱う事業者の皆さまは、牛レバーの販売・提供を行う際、必ず加熱用として取り扱うようにしましょう。
 また、消費者の皆さまは、牛レバーを生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べるようにしましょう。

参考リンク

 厚生労働省ホームページ「牛レバーを生食するのは、やめましょう(「レバ刺し」等)」(外部サイトへリンク)
 厚生労働省通知(平成24年6月25日)食安発0625第1号「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について」(PDF:107KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所衛生課食品衛生係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-597-6358

ファックス:024-533-3315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?