ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 市民の皆様へ > 新型コロナウイルス感染症の検査を受けた方へ

ここから本文です。

更新日:2021年6月23日

新型コロナウイルス感染症の検査を受けた方へ

 新型コロナウイルス感染症患者との接触や何らかの症状がありPCR検査を受けた方は、結果が分かるまでは家庭等で次のことに注意して過ごしましょう。  

公共交通機関の利用は控え、自宅で過ごしましょう

・検査結果が分かるまでは、職場への出勤や学校への登校、福祉サービス等の利用は控えましょう。

マスクを着用しましょう

・マスクは寝る時以外は常に着用しましょう。マスクがない場合に咳やくしゃみをするときは、口と鼻をティッシュやハンカチ、肘の内側で覆いましょう。その後は、流水と石鹸で手を洗うかアルコール消毒液で手指消毒をしましょう。
・マスクの表面には触れないようにし、マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。

 くしゃみのとき、ティッシュや腕で抑えたり、マスクをしている3つのイラスト

部屋を分けて過ごしましょう

・可能なかぎり、自宅内で同居者とは部屋を分けて過ごし、食事や寝る時も別室にしましょう。部屋を分けることが難しい場合には、換気をし、2m以上の距離を保つことや仕切り・カーテン等を設置することで、陽性だった場合の飛沫感染を少しでも減らすことができます。
・使用したマスクやティッシュは療養している部屋のごみ箱に入れ、ビニール袋の口を縛って捨てましょう。

健康状態を毎日確認しましょう

・体調や症状が悪くなった時には受診・相談センター:電話 0120-567-747に相談し、新型コロナウイルス感染症の検査を既に受けていることを伝えてください。 

同居者がいる場合は下記の点について注意してください

家庭内で注意いただきたいこと8つのポイント(厚生労働省)(PDF:951KB)

身のまわりを清潔にしましょう:参考 0.05パーセント以上の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方(厚生労働省)(PDF:824KB)

 

検査結果:陰性」だった場合

・検査の結果、陰性であったことが確認された場合、引き続きマスクの着用や、手洗い・咳エチケット等を徹底し、感染予防に気をつけながら、これまで通りの生活を送っていただいて構いません。
 ※風邪のような症状が続く場合は、受診・相談センター(0120-567-747)に相談してください。


  ただし、濃厚接触者として検査を受け、その結果陰性だった方については、新型コロナウイルス感染症患者と最後に接触があった日の翌日から14日間の健康観察と、外出自粛をお願いします。これは、濃厚接触者はウイルスが体内に存在している可能性があり、14日間は潜伏期間として症状が出る可能性があるためです。

※濃厚接触者についてはこちらのページをご覧ください。  

 

 検査結果:陽性だった場合 

  検査の結果、陽性であったことが確認された場合、保健所からの指示に従って、病院(感染症指定医療機関等)に入院、または宿泊療養施設等での療養となります。
 陽性が分かったら他の人と会わないように注意して下さい。
 × 家族と今後のことについて顔を合わせて相談する
 × 職場へ行き、仕事の引継ぎをする

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所保健予防課感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?