ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 事業者の皆様へ > 高齢者等施設においてコロナ陽性者が確認された場合

ここから本文です。

更新日:2023年1月24日

高齢者等施設においてコロナ陽性者が確認された場合

施設調査に関するお願い

高齢者等施設において陽性者が確認された場合、感染症発生の予防及びまん延防止のため保健所で疫学調査を実施します。(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第15条第1項)

施設調査を迅速に行うため、陽性者情報の登録を以下の1(福島市オンライン申請)から行ってください。

あわせて2~4の準備をお願いします。保健所から連絡があった際は、メールにて提出をしてください。

提出先:福島市保健所保健予防課感染症対策係  電話024-572-3152 ファクス024-573-5320
 

陽性者発生時の初動対応

施設で陽性者が確認された場合は、施設で自律的に対応をお願いします。

  • 陽性者の体調確認(体温、血圧、SpO₂、呼吸器症状、食事・水分、活気の程度)
  • 陽性者の発症日、陽性判明日、行動歴、接触歴等を確認
  • 原則、陽性者は個室管理とする(個室ゾーニング)
  • 周囲の体調確認(職員や入所者に体調不良者がいたら検査や医療機関受診。職員は検査で陰性でも症状が治るまでは休む。)

個室ゾーニングについて(PDF:518KB)(厚生労働省「効果的かつ負担の少ない医療・介護場面における感染対策」より抜粋)

施設内療養者の健康観察

施設内で療養される方は、毎日1日2回(朝・夕)健康観察を行ってください。

「施設療養者健康観察票」に記入し、正午まで福島市保健所保健予防課にメールで提出してください。

体調不良の場合は、施設の協力医や主治医へ連絡・相談をしてください。

療養期間

高齢者施設に入所者している方

発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合は11日目解除

無症状の方は、検体を採取した日から7日間経過した場合は8日目解除

※療養解除後に体調不良となった場合は、施設の協力医や主治医へ連絡・相談し、医療機関を受診してください。

高齢者入所施設以外の方

発症日から7日間経過し、かつ症状軽快後24時間経過した場合は8日目解除(ただし10日目まで健康観察を実施)

無症状の方は、検体を採取した日から7日間経過した場合は8日目解除

基本的な感染対策

手洗い、マスク着用、室内の換気など、基本的な感染対策を徹底しましょう。

  • 手洗い(接触感染対策)

1ケア1手洗い(手指消毒)特にケア前の手洗いは忘れずに

  • 不織布のマスク着用(飛沫感染対策)

鼻が出ていたり、あごマスクではなく、マスクで鼻と口を覆いましょう

  • 室内換気の徹底(エアロゾル感染対策)

2方向の常時換気、または十分な機械換気

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健所 保健予防課 感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

ファクス:024-572-3145

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?