ここから本文です。

更新日:2023年9月29日

陽性になられたかたへ

療養期間(推奨)

令和5年5月8日から新型コロナウイルス感染症が「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」における「5類感染症」になりました。

これに伴い、陽性になった場合に一律の外出自粛要請が行われることはなくなりました。外出を控えるかどうかは個人の判断に委ねられることになりましたが、次のことが推奨されています。

陽性になった場合

  • 発症日(無症状の場合は検体採取日)の翌日から、5日目までは外出を控えることとし、5日目以降も症状が続いている場合、症状軽快後24時間程度が経過するまでは外出を控え様子を見ましょう

  • 10日間が経過するまでは、ウイルス排出の可能性があることから、不織布マスクを着用したり、高齢者等の重症化リスクがある方との接触を控える等、周りのかたへうつさないよう配慮しましょう

新型コロナ治療薬は、令和5年10月から窓口負担が生じます

10月からの見直し(PDF:107KB)

令和5年10月以降の公費支援等についてはこちら(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)

療養証明書について

令和5年5月8日以降に陽性と診断されたかた 

療養証明書は発行されません。

令和5年5月7日以前に陽性と診断されたかた

国のMY HER-SYSによる療養証明書発行機能は、令和5年9月末を持って終了となります。

医療保険等の給付金の請求で療養証明書を希望する方は、以下の代替書類の活用をご検討ください。

また、利用可能な代替書類についてはご契約されている保険会社等へご確認ください。(保健所ではお答えできません。)

代替書類として利用可能性のある書類(※令和5年9月1日付生命保険協会プレスリリースより)】

  • 医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果がわかるもの
  • 診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)
  • コロナ治療薬が記載された処方箋・服用説明書
  • 自治体が設置している健康フォローアップセンターの受付結果(SNS・LINE等)
  • 保健所と陽性者がやりとりしたメールの写し
  • 保健所から陽性者に出された案内文(健康観察や生活支援の留意点などが記載)
  • PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)など

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健所 保健予防課 感染症対策係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-572-3152

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?