ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光地域づくり・支援 > 周遊スポット魅力アップ支援事業

ここから本文です。

更新日:2022年9月13日

周遊スポット魅力アップ支援事業

観光客が訪れたくなるような新たな魅力づくりのための施設改修(ハード)や、来訪者の高い満足度につながるおもてなし向上の取り組み(ソフト)など、先駆的な取り組みを行う事業者に対し補助金を交付し、道の駅ふくしまへの来訪者をはじめとした観光客の市内周遊を促します。

補助事業の申請は令和4年7月5日(火曜日)から開始しています!ぜひご活用ください。

ちらしオモテ

チラシ裏

「周遊スポット魅力アップ事業」チラシ(PDF:5,968KB)

事業概要

観光客が訪れたくなる新たな魅力づくりのための施設改修(ハード)や、来訪者の高い満足度につながる事業(ソフト)など、先駆的な取り組みを行う事業者に対して指定の補助率のもと予算の範囲内で補助金を交付します。

ポンチえ1

ポンチえ2

補助対象者

道の駅ふくしま周遊手形アプリ「縁(えにし)」への登録を条件とした市内周遊スポット・店舗、観光果樹園、旅館・ホテルなど

※申請前に、縁アプリへの登録(外部サイトへリンク)申し込みをしていただくことが条件となります。

補助対象事業

補助対象者が実施する事業で、施設等の改修・整備に係るハード型事業と、魅力・満足度アップに係るソフト型事業に分類され、次の図に掲げるいずれかに該当する場合に補助の対象となります。

周遊スポット事業内容

※「公共的民有施設とは」

一般開放している個人・民間所有で不特定多数の交流人口を受け入れている施設のことです。

補助対象経費

補助対象経費は、補助対象期間内で補助対象事業に要する経費のうち次に掲げるもの(P4・表1-1,2)の合計額とし、消費税を含むものとします。

ハード型(表1-1)

項目 摘要
(1)改修工事費 改修・整備に係る工事費
(2)設計費 改修・整備に係る設計費
(3)付帯工事費 改修・整備の際に付帯する工事費
(4)改修等に係る材料費

改修・整備の際に必要となる材料費など

 

ソフト型(表1-2)

項目 摘要
(1)企画開発に係る経費 商品開発、パッケージ開発、ニュー開発、滞在型コンテンツ・旅行商品等の企画開発等に係る経費
(2)多言語媒体等に係る経費 多言語情報提供や媒体の整備費
(3)広報媒体・広告宣伝に係る経費 企画開発したコンテンツを販売するため必要な広報媒体(写真、動画、ホームページ、チラシ、パンフレット等)の素材やツールの作成にかかる経費および広告作成費・宣伝費等
(4)専門家からの助言等に係る経費 事業を構成するにあたり、専門家からの助言や意見徴収等にかかる経費
(5)モニターツアー等の開催に係る経費 造成したコンテンツに関するモニターツアーやワークショップ等の開催に係る経費
(6)その他経費 消耗品費等

 

補助率・補助金の額

 補助金の額は、下図に示すとおり、補助対象経費の指定の補助率(千円未満切捨て)以内において市長が定める額で、限度額を定め、予算の範囲内で補助します。

周遊スポット補助金額

 

申請方法

 応募を検討している方は、下記の手順に沿ってご応募ください。

ポンチ絵3

①事前相談申し込み
応募をご希望の方は、事前相談をしていただき、事業内容の確認をさせていただきます。

要予約となっておりますので、「福島市オンライン申請(外部サイトへリンク)」から申し込みをしてください。

②申請書(様式第1号)の提出
所定様式、必要書類等をそろえて、観光交流推進室へメールにてご提出ください。 
書類の提出があった場合は、書類の審査を行ってから受理します。審査に時間を要しますので、時間に余裕を持って提出ください。

③交付決定
事業内容を確認後、補助金の金額を算出し、「交付決定通知書」を送付いたします。
交付決定日以降、事業に着手してください。(事前着手は認められません)

④実績報告書(様式第3号)の提出
事業完了後、30日以内に所定様式を観光交流推進室へメールにてご提出ください。

⑤補助金額の確定
実績報告書、領収書等を確認後、補助金額の確定し、「確定指令書」を送付いたします。

⑥補助金請求書(様式第4号)の提出
所定様式にて、観光交流推進室へメールにてご提出ください。

⑦補助金交付
補助金を指定口座にお振込みいたします。

⑧状況報告書の提出
事業完了から、一定の期間、事業の実施状況をご報告いただきます。

(ハード型:3年間、ソフト型:1年間)

 

○「周遊スポット魅力アップ支援事業 補助金交付要綱(PDF:1,808KB)

○「周遊スポット魅力アップ事業 募集要領(PDF:799KB)

提出書類

申請

 補助金等交付申請書(エクセル:36KB)(様式第1号)
事業実施計画書(ワード:45KB)(別紙1)(ハード型の場合は、図面、施工前の写真を添付)
収支予算書(ワード:57KB)(別紙2)
グループ型調書(ワード:42KB)(ハード改修グループ型を申請される方のみ)
⑤添付書類
・定款、約款、規則、会則
・(法人の場合)法人登記に関する履歴事項全部証明書
・(個人の場合)住民票
・市税等の未納がないことのわかる書類(完納証明書)
・不動産登記簿謄本(ハード事業を実施する場合)

・その他参考資料(ある場合)

事業計画の変更


補助事業等変更(中止・廃止)承認申請書(ワード:39KB)(様式第2号)
事業計画書(ワード:45KB)(別紙1)
変更後収支予算書(ワード:69KB)(別紙7)
④事業概要書(ハード改修の場合は図面)
⑤その他参考資料(ある場合)

事業の中止


補助事業等変更(中止・廃止)承認申請書(ワード:39KB)(様式第2号)

実施報告


補助事業等実績報告書(様式第3号)(エクセル:35KB)
収支決算書(ワード:69KB)(別紙4)
実施報告書(ワード:39KB)(別紙5)
④補助対象経費に係る領収書などの写し
⑤完成品の写真(ハード改修の場合、着工前後の施工写真)
⑥その他参考資料(ある場合)

補助金の交付


補助事業等交付請求書(様式第4号)(RTF:84KB)

 

事業実施経過報告書

 

実施状況報告書(ワード:41KB)(別紙6)

 

提出先

福島市 商工観光部 観光交流推進室

kankou@mail.city.fukushima.fukushima.jp

【提出の際の注意事項】

①件名に「周遊スポット魅力アップ事業 申請 事業者名(個人名)」を入力してください。

(例)申請の場合「周遊スポット魅力アップ事業 申請 福島太郎」

実績報告の場合「周遊スポット魅力アップ事業 実績報告 福島太郎」

②書類は押印不要です。

③データサイズが大きい場合、複数回に分けて送付していただく場合がありますので、ご了承ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光交流推進室観光企画戦略係

電話番号:024-515-6012

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?