ホーム > 市政情報 > 福島市のご案内 > 市の紹介 > 福島市とは > 佐藤B作さん 「福島市ももりん大使」第1号に

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

佐藤B作さん 「福島市ももりん大使」第1号に

佐藤B作さんももりん大使の画像1

福島市は、市の魅力を国内外に発信する「福島市ももりん大使」第1号に、本市出身で俳優の佐藤B作さんを選び、このたび委嘱をいたしました。

「福島市ももりん大使」は、福島市ゆかりの著名人に大使を委嘱し、自身の活動の中で本市の魅力(住み良さ、観光、産品、自然、文化、歴史など)を国内外へ発信してもらうものです。

委嘱状交付式は3月5日に市役所で行い、小林香市長と市観光PRキャラクター「ももりん」が佐藤さんを迎えました。

小林市長が佐藤さんに委嘱状とPR用のたすき、市特産品である桃の香りがついた名刺を手渡し、「知名度の高い佐藤さんに大使を引き受けていただき、たいへん心強い。福島のいいところをどんどん宣伝してもらい、復興に取り組む姿も全国に発信してください」と述べました。

佐藤さんは「果物やお酒など、福島の食べ物は本当にうまい。一生懸命ふるさと福島のPRをします」と意気込みを語りました。

地元佐藤B作後援会の遠藤正幸会長、佐藤信昭幹事長、須藤君夫事務局長、会員で佐藤さんと同級生の中野哲郎市議会副議長が同席しました。

佐藤さんは昭和24年2月13日生まれ(66歳)。福島市飯坂町出身で、福島県立福島高等学校卒。昭和48年に劇団「東京ヴォードヴィルショー」を結成、演劇やテレビドラマ・バラエティー番組などで活躍しています。

3月7日・8日に全国に先駆けて福島市で公演される新作喜劇「田茂神家の一族」を前に、大使第1号として委嘱されることになりました。

佐藤さんには今後、自身の芸能活動の中で積極的に市の魅力を宣伝してもらうほか、「ふくしまデスティネーションキャンペーン」や首都圏観光プロモーションなどに駆けつけてもらい、PRの協力をお願いしていきます。

「福島市ももりん大使」は今後も市ゆかりの著名人を選定し、随時委嘱していく予定です。

佐藤B作さんももりん大使の画像2

委嘱を受けた佐藤B作さん(中央)と小林市長(右)。左はPRキャラクターの「ももりん」

このページに関するお問い合わせ先

商工観光部観光コンベンション推進室観光プロモーション係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3722

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?