ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境 > 再生可能エネルギー > 再生可能エネルギー導入に対する補助・助成 > 2019年度 住宅用太陽光発電システム設置を助成します

ここから本文です。

更新日:2019年5月13日

2019年度 住宅用太陽光発電システム設置を助成します

福島市では、家庭の再生可能エネルギーの導入を促進するため、住宅用太陽光発電システムの設置費の一部を助成いたします。
2019年度の申請受付は4月10日(水曜日)からとなります。

※2019年4月1日より、福島市住宅用太陽光発電システム設置助成金交付要綱が一部改正となりまし
  
た。それに伴い、交付申請書等の様式が一部変更となりましたので、必ず事前にご確認ください。 

 助成対象となる方

助成対象者は、下記の要件に該当する方になります。

自ら居住する市内の住宅(専用住宅または延床面積の2分の1以上を住宅の用に供する店舗等併用住宅をいう。以下同じ。)にシステムを設置した方またはシステムが設置された自ら居住する市内の新築住宅を購入した方で、かつ、次の各号のいずれにも該当する方。

  1. 次のアからウのいずれかに該当する方
    • ア 当該住宅が設置者の所有であること。
    • イ 当該住宅が設置者の所有でない場合は、当該住宅の所有者が設置者と生計を一にし、助成金交付申請に係る承諾書を提出できること。
    • ウ 当該住宅が設置者とその他の者との共有の場合は、共有者全ての承諾書を提出できること。
  2. 当該住宅を借用していない方
  3. 市税などを滞納していない方(当該住宅の所有者及び共有者も含む)
  4. 当該住宅の敷地に住所を有する方
  5. 2019年4月1日以降に太陽光発電余剰電力の受給を開始した方 

 ※助成対象者が単身赴任その他の理由により一時的に市内に住所を有しない場合は、助成対象者と生計を一にする方(当該住宅の
  敷地に住所を有する方に限る。)を助成対象者とみなします。

対象システム

  1. 一般家庭用の単相3線または単相2線式の低圧配電線を用いて、太陽光発電により発電する電力が不足したときに電力会社から電力の供給を受けることができ、かつ、太陽光発電により発電する電力が余ったときに余剰電力を電力会社に送電できるもの。
  2. 太陽電池モジュールの最大出力が10キロワット未満のもの。
  3. 起動及び停止などに関して全自動運転をおこなうもの。
  4. 未使用品であるもの。

助成金額

1キロワット当たり20,000円(助成上限80,000円、最大4キロワット分まで)受けられます。

※助成金の額は、1キロワット当たり20,000円に太陽電池モジュールの最大出力(単位はキロワットとし、1キロワット未満の端数があ
 るときは、小数点以下第3位を切り捨てし、4キロワットを上限とする。)を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数が生じたとき
 は、これを切り捨てた額)

助成金計算例

  • 例1)最大出力が3.10キロワットの場合
    20,000円 × 3.1キロワット = 62,000円
  • 例2)最大出力が5.00キロワットの場合(4キロワットが助成の上限となる。)
    20,000円 × 4キロワット = 80,000円
  • 例3)最大出力が3.275キロワットの場合(小数点第3位を切り捨て)
    20,000円 × 3.27キロワット = 65,400円
    千円未満切り捨てなので、65,000円になります

助成対象経費

助成金交付の対象となる経費の範囲は、下表に示す対象システムの設置に要する費用です。
なお、竣工試験立会費、申請手続費用などの経費については助成対象となりません。

  • 太陽電池モジュール  
  • 架台
  • パワーコンディショナ(インバータ・保護装置)※  
  • その他付属機器(接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器、余剰電力量計)
  • 工事に関する費用(モジュール設置工事、配線・配線機器の購入・据付等を含む)

※太陽電池モジュールと電池システムでパワーコンディショナを併用している場合は、助成対象経費にパワーコンディショナを含めな
 い。

申請期間及び助成件数

2019年4月10日(水曜日)から2020年3月31日(火曜日)まで
助成件数:400件程度
※予算額に到達次第、終了いたします。

申請書類について(2019年度住宅用太陽光発電システム設置助成金交付申請用)

下記の書類をおそろえのうえ、環境課窓口までご持参ください。
※添付書類についての詳細は、手続きの留意点(PDF:206KB)をご覧ください。

1.住宅用太陽光発電システム設置助成金交付申請書(様式第1号)

助成金の交付を受ける際に必要な申請書です。その他必要書類を添付してください。
(申請書に記載の添付書類が必要)
日付は無記入でご持参ください。環境課窓口で簡易審査した後、記入していただきます。

2.設置住宅の所在を示す地図

住宅地図などの設置住所および住宅周辺がわかる地図を添付してください。

3.システム設置が確認できる写真

住宅全体、太陽電池モジュール、接続箱、パワーコンディショナ、余剰電力量計の写真を添付してください。

4.システムの仕様が確認できる書類

モジュール配置図、出力対比表、単線結線図を添付してください。

5.工事請負契約書の写し

太陽光発電システム設置に係る工事であることが確認できるものを、申請書に添付してください。

6.住宅用太陽光発電システム設置に係る領収証明書(様式第6号)

工事施工業者発行の太陽光発電システム設置に係る領収証明書を、申請書に添付してください。

7.住民票

申請者の記載がある住民票(※申請日から交付が3ヶ月以内のもの)を、福島市役所市民課窓口または各支所、出張所、西口行政サービスコーナーで交付を受け、申請書に添付してください。

8.建物の登記簿謄本

建物の所有を証明する登記簿謄本(※申請日から交付が3ヶ月以内のもの)を申請書に添付してください。
登記簿謄本は法務局で発行されます。

9.完納証明書

申請者及び建物所有者・共有者全員の証明書(※申請日から交付が3ヶ月以内のもの)を申請書に添付してください。
福島市役所市民税課窓口(本庁2階)で交付を受けてください。

10.太陽光発電余剰電力受給契約確認書の写し

電力会社発行の「太陽光発電余剰電力受給契約確認書」を申請書に添付してください。
余剰電力受給開始日が2019年度に属している契約であることを確認してください。

※下記の場合には、それぞれ該当する書類を添付してください。

  • 申請者以外が所有している建物または共有名義になっている建物に設置した場合
    • 住宅用太陽光発電システム助成金交付申請に係る承諾書(様式第3号)
  • 建物の所有者がシステム設置者と同一でない場合
    生計同一に関する申立書(任意様式)
  • 交付要綱第3条第2項の適用を受ける場合
    助成対象者に関する申立書(任意様式)
  • 施工業者などに申請手続きを代行してもらう場合
    住宅用太陽光発電システム助成金交付申請手続き代行届(様式第4号)
  • 助成金の請求をする場合 
    • 住宅用太陽光発電システム設置助成金交付請求書(様式第2号)
      通帳のコピー(金融機関名、支店名、預金種別、口座番号、口座名義人(フリガナ)のわかるページ)

福島市の助成金の交付を受けた太陽光発電システムに変更が加わる場合

福島市の助成金の交付を受けた太陽光発電システムに変更を加える場合、提出していただく書類があるほか、助成金を返還していただく可能性がありますので、事前に環境課にご相談ください。

申請書などの所定様式の入手及び受付場所

  1. 所定様式の入手方法
    福島市役所環境課(本庁6階)でお渡ししています。
    また、「申請・届出様式ダウンロード」のページからダウンロードして入手することもできます。
  2. 交付申請及び交付請求の受付場所
    福島市役所環境課(本庁6階)へ直接ご持参ください。書類審査などがあるため、各支所・出張所及び郵送での申請受付はおこなっておりません

関連情報

住宅用太陽光発電システム設置助成金制度に関するお問い合わせ

申請に際しては、必ず交付要綱をご確認いただき、ご不明な点がある場合は、環境課までお問い合わせください。

 太陽光チラシ2019チラシ(PDF:228KB)太陽光ポスター2019ポスター(PDF:2,804KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課再生可能エネルギー推進係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-535-1401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?