ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境 > 再生可能エネルギー > 再生可能エネルギーに関する事業 > あらかわクリーンセンターにおける電力の地産地消事業

ここから本文です。

更新日:2022年3月7日

あらかわクリーンセンターにおける電力の地産地消事業

あらかわクリーンセンターのごみ焼却熱を利用した発電は、CO2(二酸化炭素)の発生が抑制されたバイオマス発電です。
この環境に優しい電力を市立小・中学校および市公共施設等に供給し、再生可能エネルギーの地産地消を図っています。

arakawa1

  • あらかわクリーンセンターは、市民の皆様が分別したごみを焼却してバイオマス発電を行います。
  • 小売電気事業者は、あらかわクリーンセンターの発電電力及び他の再生可能エネルギーで発電された電力を調達し、小・中学校等に環境に優しいグリーン電力(※)を供給します。
  • 市民の皆様はごみを分別するとともに、省エネやリデュース(発生抑制)・リユース(再使用)・リサイクル(再生利用)の3Rを推進して地球環境への関心を高めます。
  • ※ 太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス等の再生可能エネルギーで発電された電力は、グリーン電力と言われています。

事業に関するお問い合わせ先

あらかわクリーンセンター 施設係

〒960-8166 福島市仁井田字北原1番地の1
電話:024-545-4363

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課温暖化対策推進係

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?