ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境 > 再生可能エネルギー > 再生可能エネルギーに関する事業 > 市役所本庁舎での再生可能エネルギー導入の取組み

ここから本文です。

更新日:2018年4月24日

市役所本庁舎での再生可能エネルギー導入の取組み

 市役所本庁舎における、再生可能エネルギー導入の取組みを紹介します。

ソーラーウィンド街路灯

 市役所本庁舎東側駐車場に、太陽光と風力で発電した電気を蓄電池に貯めてLED照明に使用する「ソーラーウィンド街路灯」が設置されており、駐車場の夜間照明として使用されています。

  • 導入設備:
    • 太陽光・風力・蓄電池 1基(平成27年導入)
    • 太陽光・蓄電池 2基(平成23年導入)
  • 導入場所:本庁舎東側駐車場
  • 寄贈:ライオンズクラブ国際協会332-D地区

ソーラーウィンド街路灯

 

地下水還元方式による融雪装置(地中熱利用)

 市役所本庁舎北側の歩道において、地下約71mの井戸を掘削しそこから汲み上げた水温が約16.5℃で一定な地下水の熱を利用した融雪装置が導入されており、路面の融雪と凍結防止が行われています。

地中熱1 地中熱2

 ※融雪装置に関するお問い合わせ先:道路建設課幹線市道係(024-525-3755)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課温暖化対策推進係

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?