ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境 > 再生可能エネルギー > 再生可能エネルギー導入にあたっての留意事項 > 「福島市の豊かな自然と魅力ある景観を次世代へ守り継ぐための太陽光発電施設の設置に関するガイドライン」について

ここから本文です。

更新日:2021年10月7日

「福島市の豊かな自然と魅力ある景観を次世代へ守り継ぐための太陽光発電施設の設置に関するガイドライン」について

 福島市では、「福島市脱炭素社会実現実行計画(令和3年2月策定)」に基づき、本市の地域特性を活かした再生可能エネルギーの導入を推進しておりますが、太陽光発電事業の実施に際しては、市民にとってかけがえのない財産である豊かな自然や魅力ある景観を守り、大切な宝として次世代へ守り継いでいくことが重要であると考えております。
 そうした考えから、本市では、景観や自然、安心安全な生活環境との調和を図ることなど配慮すべき事項や手続きを定め、事業者に対し、事業の適切な実施を求めるガイドラインを策定しました。
 太陽光発電施設の設置を検討、計画している事業者の方は、本ガイドラインの趣旨をご理解いただき、遵守するよう努めてくださいまた、既に着工している事業者の方又は事業を実施している事業者の方においても、本ガイドラインの趣旨に沿って、適正な施工や維持・管理に努めてください

ガイドラインの対象となる施設

 土地に自立して設置される太陽光を電気に変換するための施設及びその付属設備で、一の施設(同一届出者が複数の太陽光発電施設を近接して設置するなど、実質的に同一の場所への設置と市長が認める場合を含む。)の定格出力が10キロワット以上のものをいう。ただし、次に掲げるものを除く。
ア 建築物に該当するもの
イ 事務所若しくは事業所又は工場と併設されるもの

ガイドラインの対象地域

 福島市全域とする。
 ただし、区域外であっても市域に影響を及ぼす恐れがある場合、市長の求めに応じて、事業者は第6条に掲げる事項を遵守するものとする。

ガイドラインの主な内容

法令等に基づく手続き等

 事業者は、太陽光発電施設の設置を行う場合において、別表1(PDF:113KB)に掲げる太陽光発電施設設置に関する法令等について、当該施設の規模に関わらず、市の関係部局及び関係行政機関と事前に相談、協議を行い、必要な手続き等を行うものとする
 市長は、設置計画区域の全部又は一部が別表2(PDF:54KB)に掲げる区域に該当する場合は、計画の中止を含め抜本的な見直しを行うよう指導するものとする

届出に関する事項

 事業者は、太陽光発電施設の設置を行う場合、その計画の概要が明らかになった時点で、近隣住民等に対する説明会等を景観シミュレーション(フォトモンタージュ等)の活用を図りながら実施し、事業内容を周知するものとする。この際、近隣住民等から出された要望、意見等に対しては、書面を交付するなど誠意をもって対応するものとする。

届出様式一覧
様式名 様式 記入例
様式第1号(太陽光発電施設設置計画書)

(ワード:18KB)

(PDF:130KB)

様式第2号(太陽光発電施設変更(中止)届)

(ワード:17KB)

(PDF:99KB)

様式第3号(太陽光発電施設設置完了届)

(ワード:16KB)

(PDF:111KB)

様式第4号(太陽光発電施設廃止届)

(ワード:15KB)

(PDF:60KB)

様式第5号(太陽光発電施設撤去完了届)

(ワード:16KB)

(PDF:84KB)

遵守すべき事項

 事業者は、太陽光発電施設の設置等を行う際は、次の各号に掲げる事項を遵守するものとする。

(1)近隣住民等との協調を保つこと。
(2)平時からの点検等により、雨水等による土砂・汚泥の流出や水害等の災害防止対策を講じること。
(3)既存の地形や樹木等を生かしながら、周囲の良好な景観に支障を与えないよう、周辺環境や景観との調和に配慮すること。
(4)設置計画区域内に災害発生時等の緊急連絡に対応するため、事業者の名称及び連絡先を記した看板を設置すること。
(5)設置計画区域内の環境整備を行うとともに、除草剤、殺虫剤等の薬剤を使用する場合には、周辺環境に十分に配慮すること。
(6)パワーコンディショナー等からの騒音、振動若しくは電磁波(電波障害)又はパネルの反射光により周辺の生活環境に支障
  を生じさせないよう必要な措置を講じること。
(7)太陽光発電施設の稼働に起因して発生した苦情等に対しては、迅速かつ誠実に対応すること。
(8)防災、環境保全、景観保全の観点により、計画策定段階から発電設備撤去に至るまで、予期しなかった問題が生じた場合、適切な対策を講じ、地震や豪雨災害による土砂崩れ等の災害防止や自然環境、近隣への配慮を行うこと。
(9)太陽光発電施設を廃止した場合は、速やかに事業者の責任により撤去等適正に行うこと。

ガイドラインの施行日

 令和元年10月31日

届出部数

 添付書類を含め、2部提出。(1部は、届出者へ返却します。)

届出の提出

 福島市役所環境課(本庁5階)へ直接ご持参ください。
 郵送などでは受付いたしません。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

環境部環境課温暖化対策推進係

電話番号:024-525-3742

ファックス:024-563-7290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?