ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 一般不妊治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2022年4月18日

一般不妊治療費助成事業

令和4年4月以降の不妊治療については、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

令和4年4月1日から不妊治療は保険適用となり、福島市からの一般不妊治療(人工授精)に対する助成制度は終了しました。

福島市では、一般不妊治療(人工授精)を受ける夫婦の経済的負担軽減のため、その治療費の一部(保険適用外分)を助成してきましたが、令和4年4月1日から、有効性・安全性の確認された不妊治療が保険診療に位置付けられたことから、令和4年4月1日以降に治療を行った方への助成が廃止されます。

これに伴い、福島市一般不妊治療費助成事業は令和4年3月31日で終了しました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部こども家庭課母子保健係

福島県福島市森合町10番1号 福島市保健福祉センター内

電話番号:024-525-7671

ファックス:024-572-3417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?