ホーム > 子育て・教育 > イベント・催し > 令和元年度 福島市 子育て講演会「子どもの幸せを育むスキンシップの魔法」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年11月15日

令和元年度 福島市 子育て講演会 「子どもの幸せを育むスキンシップの魔法 」 を開催しました

 ポスター

 

 福島市では、子どもたちが心身共に健やかに成長することを願い、去る11月4日(月曜日)福島市保健福祉センターを会場とし、「子どもの幸せを育むスキンシップの魔法」をテーマに、令和元年度 福島市子育て講演会を開催しました。

 当日は、桜美林大学 教授 山口 創先生を講師に迎え、子育てで大切にしたいこと、子育てが楽しくなるヒントなど盛りだくさんの内容をご講演いただきました。先生の優しい語りとユーモアを交えたお話に、会場内は、たくさんのあたたかい笑い声と笑顔に包まれました。

当日の様子を一部ご紹介します。

講演会1

スキンシップも子どもの自立を促すように、子どもの成長に合わせ少しずつ変えていく必要がある、「子育て四訓」を教えていただきました。

 

講演会3

「オキシトシン」は、心や体の成長だけでなく、学習能力(参照記憶)の向上やストレス耐性にも効果がある、ということを学びました。

 

講演会4

「目を見つめること」「優しい声で話すこと」「優しく触れること」

これを一緒に行うことでスキンシップは効果を増す、とのお話に、メモをとったり頷いたりしながら聞き入っていました。

 

子育て講演会2

子育て中のパパやママ、祖父母、保育士や幼稚園教諭、放課後児童クラブの指導員など、子どもに関わるたくさんのかたにご来場いただき、ありがとうございました。

 

 

参加者のアンケートより

● 山口先生のお話をお聞きしたくて岩手県盛岡市より参加いたしました。スキンシップの取り方もその時期によって変化させていくこと、オキシトシン量は多すぎてもよくないこと、まずは親のオキシトシン量を増やして子どもに接することなど、すぐに育児で実践できるお話がたくさんありました。参加してよかったです!!!子育て支援者の一人として、たくさんのお母さん方へ伝わったらいいなと思いました。

●山口先生の本が大好きで読んでいます。福島で講演があると知り、とてもうれしく参加しました。子どもに触れると、子どももとてもうれしそうに甘えてきます。たくさん叱ってしまった時でも、寝る前に触れて「よしよし」すると私自身も落ち着くことができます。赤ちゃん期がとても大切なこと、一生続くことなどが知れてよかったです。また参加したいと思います。

●生まれた時から看取りのときまで、抱っこや握手などスキンシップが大事であることを改めて感じました。愛着の形成やオキシトシンについても分かりやすく聞くことができました。これから出産祝いに行くので、今日のお話を伝えたいです。ありがとうございました。

●愛着の形成がその人の一生やその後の子どもたちのために大切であることが深く実感できました。そして大人になってからも修正できることを知り、一対一の丁寧な関わりの大切さを知りました。今後活かしていきます。

●個人的に山口先生の本を何冊も読んできました。福島で講演をしてくださると聞き、うれしく参加させていただきました。保育現場では、親とスキンシップをとってこなかった保護者が子どもを産み、スキンシップの取り方が分からないといいます。私も伝え方が分からず、負のスパイラルが起きています。再度、伝え方について考えないといけないと思いました。まずは優しく話すことから始めてみます。

 

 

     

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部こども政策課子育て支援係

福島県福島市森合町10番1号 福島市保健福祉センター内

電話番号:024-525-3767

ファックス:024-572-3417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?