ホーム > 震災関連・防災・安全 > 消防・救急 > 救急 > ヒートショックに注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年11月20日

ヒートショックに注意しましょう!

ヒートショックとは、急激な温度の変化によって、血圧が大きく変動するなど、身体に大きな負担がかかることで、失神、不整脈などの症状があらわれることをいいます。また、重症の場合には死に至ることもあります。

福島市消防本部では、ヒートショック予防啓発の一環として「STOP!!ヒートショック」のポスターを作製し温泉旅館等の宿泊施設に配布します。

これから冬を迎え寒くなることから、自宅や温泉等で湯船に長時間浸かることが多くなると思われますので、次の点に注意してヒートショックを予防しましょう。

  • 湯船で長湯をしない(10分以内)
  • 温度は41℃以下に設定する
  • かけ湯をする
  • 脱衣所は暖かくする
  • 食事、服薬、飲酒直後の入浴は控える
  • 家族に見回ってもらう
  • 水分をとる

STOP!!ヒートショックのポスター

ヒートショックポスター

このページに関するお問い合わせ先

消防本部救急課救急課

福島市天神町14番25号

電話番号:024-534-9106

ファックス:024-534-0310

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?