ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

菊の花の酢もの

料理の写真

材料

  • 菊の花びら:100グラム
  • 水:2リットル
  • 酢:80cc
  • 三杯酢酢:大さじ1.5塩:少々砂糖:大さじ2

作り方

  1. 菊の花を摘んできたら、花びらをとって洗う。
  2. 湯を沸騰させ、2リットルに酢80cc程度入れて花びらを入れて、さっと茹でる。
  3. 冷水にとってさっと洗う。
  4. よく絞って、三杯酢につける。冷蔵庫で保存する。

ふくしま食のたくみからひと言-芳賀節子さん-

旧暦の9月9日(新暦で10月25日頃)は、重陽の節句で別名「菊の節句」と呼ばれ、たくましい生命力を持つ菊にあやかり、けがれを払い長寿を願ったようです。「菊枕にして寝ると、頭痛によい」と言われており、古くから漢方薬として、解熱や頭痛止めに利用されてきたようです。最近、注目を集めているハーブやエディブルフラワーの元祖とも言えそうです。

茹でた状態で小分けにして冷凍保存するとおひたし・漬物・くるみあえなど広く利用できます。

食べる時期

秋~冬

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?