ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

蒟蒻芋から作る刺身蒟蒻

料理の写真

材料

  • 蒟蒻芋:1キログラム
  • 水酸化カルシウム:7グラム
  • 水:4リットル
  • 湯:200cc

作り方

  1. 蒟蒻芋の皮をむき、サイコロ状に切る。
  2. ミキサーに入れ、芋がひたる位の水を入れすりおろす。
  3. 水を入れた容器にあける。
  4. 1時間ほど置いて沈殿させ、容器の上水を捨てる。
  5. 沈殿した蒟蒻を火にかけ20分ほど練る。
  6. 火からおろし、湯で溶いた水酸化カルシウムを入れ、すばやく混ぜる。
  7. すばやく、型に入れ固める。
  8. 切り分け80度位の湯で7~8時間ほど茹でて、アク抜きをする。
  9. 水に入れ再度アク抜きをする。
  10. ふぐ刺しのように切り、水気を切って皿に盛る。

ふくしま食のたくみからひと言-菊田高子さん-

蒟蒻は荒井地区では、江戸時代後期には栽培されていたと伝えられますが、本格的栽培が始まったのは戦後、昭和24年から。火山灰地のため、生育不足で定着する作物がなく、土地条件に合う作物として導入されたそうです。栽培技術・加工技術の向上とともに、生産者も増え、福島の特産品となりました。
食物繊維が豊富で、健康食品・機能性食品として和食に欠かせない食材です。

食べる時期

春・秋・冬

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興室6次化係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?